高等教育重点化政策

 高等教育は、国家の科学技術革新と経済成長に大きな意味を持っており、その一環として、中核的な役割を果たす人材育成は極めて重要である。

 中国では、文化大革命終わりの1977年から、大学生の募集が再開された。ところが、1990年代半ばまで、大学数と大学生数はいずれも増加したが、国民の進学ニーズに満足できず、大 学に進学できたのは少数であり、大学は長期にわたってエリート教育段階(進学率15%以下)にとどまっていた。

 1990年代後期に入って、中国は急速な経済発展を遂げるとともに、社会・国家からの高度な専門・技術人材の要請、国民の進学ニーズの向上、大学の募集人数の大幅の増加によって、2 002年に大学進学率が15%に達し、中国の高等教育は大衆教育段階に入った。2007年の大学進学率は23%にまで伸びている。

表 1990~2007年中国の高等教育機関における入学者・在学者・卒業生数の推移
  1990年 1995年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年
入学者数(万人) 60.9 92.6 220.6 268.3 320.5 382.2 447.34 504.5 546.1 565.9
在学者数(万人) 206.3 290.6 556.1 719.1 903.4 1108.6 1333.5 1561.8 1738.8 1884.9
卒業生数(万人) 61.4 80.5 95.0 103.6 133.7 187.7 239.12 306.8 377.5 447.8
高等教育機関への進学率 3.4% 7.2% 12.5% 13.3% 15% 17% 19% 21% 22% 23%
(出典) 中国統計年鑑2006、教育部ホームページより作成。

 このように高等教育機関が多くの国民に開かれた一方、中国では少数の大学と学科に対して重点的に資金配分する重点化戦略が堅持、強化されてきた。中国では、高 等教育機関における人材政策が主に重点化戦略を中心に展開されてきた。

エリート校建設に向けた計画:

 中国では、特に選ばれた大学や学科に対して重点的な支援が行われている。その典型は下記のプロジェクトである。

211プロジェクト

  • 107の大学を優先的に支援するプロジェクト。21世紀に向けて、100余りの大学を重点的に発展させることから、「211プロジェクト」との名称がついた。

985プロジェクト

国家重点学科

  • 一部大学・学科に重点的に投資するプロジェクト。教育部主導で1988年よりスタート。

111プロジェクト

  • 大学でのハイレベル研究拠点の形成を目指すプロジェクト。「世界のトップ100の大学・研究機関から、1 000人以上の科学者を招き国内の優秀な研究者との合同研究チームを結成する。また、中 国全土にこうしたチームを約100ヶ所設立する」ことから、「111プロジェクト」の名称がついた。

※2008年3月調査現在


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468