3.国家重点学科

(1)概要

 「国家重点学科」は、高等教育機関における科学技術研究の拠点基地である学科に対して重点的な投資を行いイノベーション型人材の育成を図ることを目的として、国家教育委員会が実施部門となって1988年にスタートした中国の高等教育機関の整備政策である。「国家重点学科」政策では、重点学科の指定を受けた各学科のレベルを国内の高等教育機関における関連学科の最高水準に引き上げるとともに、一部の優秀な学科については国際的にも最先端の水準に向上させることが目標として掲げられた。

 これまでに「国家重点学科」の選定は3回行われ、1回目は1988年から1989年に全国で416の学科、2回目は2002年に964の学科、そして3回目は2007年に286の「1級学科国家重点学科」と677の「2級学科国家重点学科」が選定または再選定された。「国家重点学科」の指定を受けた学科に対しては、中央政府および地方政府等から財政面を含む支援が与えられる。

(2)背景および実施経緯

 1980年代以降の改革開放路線による社会経済の発展を背景として、社会建設の各分野で高度な専門人材へのニーズが高まったことを受け、中国政府は高等教育機関の体制整備を推進して教育レベルの向上に取り組んだ。この中で中国政府は、各大学を構成する学科が大学の教育水準と科学研究の発展の方向を示すものであり、世界の一流大学は例外なく各大学の特徴を表わす整備された学科体系を有していることを確認した。

 このため国家教育委員会の主導のもと、最先端の新しい学科体系を整備することによって、新世紀の科学技術分野の進展に対応することができるとの考えから、高等教育機関における学科体系の整備を国家プロジェクトとして重点的に推進することになった。

(3)実施状況および成果

①第1回「国家重点学科」の選定

 中国政府は1985年に、「中国共産党中央の教育体制改革に関する決定」を公表し、学科の整備を図るために全国の大学から優秀な学科を選定し、国家の資源を集中的に投入して重点的に育成を行うことを原則として、計画的に一群の重点学科を整備していく基本方針を打ち出した。こうした基本方針に基づいて国家教育委員会は1987年、「高等学校重点学科の評価選定に関する暫定実施規定」を定め、高等教育機関の重点学科の評価、選定作業に着手することを決定した。

 哲学、経済学、法学、教育学、文学、歴史学、理学、工学、医学、農学の各分野の学科領域ごとに専門家チームが編成され、公平な競争原則に従い選定評議が行われた後に国家教育委員会の最終的な承認を経て、1988年7月と1989年11月に分けて合計416の学科が第1回「国家重点学科」としての指定を受けた。「国家重点学科」に選定された学科を有する高等教育機関は107校に上り、それぞれの学問領域における最高水準の学科を持つ中国を代表する大学として、国家から特別の支援と財政援助が与えられた。

 国家教育委員会は更に高等教育機関の重点学科の整備を強化するため、1991年に「高等教育機関の重点学科建設と管理に関する意見」を公表し、「国家重点学科」の整備における管理面の強化を要求するとともに、すでに指定を受けた416の重点学科の建設状況に関する評価を継続して実施していくことを求めた。

 第1回「国家重点学科」で選定された416の学科の学問領域ごとの内訳をみると、新中国の成立以来、社会主義国家建設のために重化学工業と国防関連事業を優先して発展させることを基本政策としてきた背景から、工学系が約4割を占め最も多い。

第2-1-6表 領域別に見た第1回「国家重点学科」(1988~1989年)
領域 哲学 経済学 法学 教育学 文学 歴史学 理学 工学 農学 医学 総計
学科数 8 20 13 7 16 14 86 163 36 53 416
比率 2% 5% 3% 2% 4% 3% 21% 39% 9% 12% 100%
出典:『改革開放以来の重点学科建設の回顧』(清華大学教育研究所 孔鋼城)

②第2回「国家重点学科」の選定

 教育部は2001年に2回目の「国家重点学科」の選定を実施することを決定した。優れた学科を公平な競争原則のもとで合理的に選抜するという基本原則に基づいて、1989年の第1回指定で選定された重点学科を含めすべての学科が改めて選定評価を受けることになり、2002年1月に964の学科が新たに教育部の承認を受けて第2回「国家重点学科」に選定された。1989年の第1回「国家重点学科」では416学科が選定されたが、第2回では2.3倍の964の学科が選定され中国の高等教育基盤の強化が進められた。

 また、2002年以降も「211プロジェクト」および「985プロジェクト」の継続的な実施により、重点大学への中央政府および地方政府等の財政投入が行われ、「国家重点学科」の整備が引き続き進展し学科体系の現代化が図られた。教育部は2006年、「国家重点学科の建設を強化するための意見」を公表し、その中で中国の大学の学術水準と高等専門人材の養成能力は目覚ましい進歩を遂げつつあると指摘した。そのうえで、高等教育機関が国家に対して担う役割を果たす能力は顕著に向上し、重点大学を構成する学科体系の整備が進み、重点大学は全国の高等教育機関の模範としての基盤を構築したと総括した。

③第3回「国家重点学科」の選定

 教育部は大学の学科の管理を強化して国家重点学科の建設を更に推し進めるため、2006年12月に「国家重点学科の評価実施に関する通知」を通達し、3回目の「国家重点学科」の選定評価が実施されることになった。第3回の選定評価は、すでに指定されている「国家重点学科」に対する評価、「2級学科国家重点学科」の追加と指定解除、「1級学科国家重点学科」の認定の3段階に分けて行われた。 

 中国の教育部門は、高等教育における学科を1級学科と2級学科に階層的に分類管理している。1級学科は特定学術分野の対象範囲の広い学科分類であり、それぞれの1級学科の下に対象範囲を細分化したいくつかの2級学科を置く体系としている。例えば、1級学科の社会学の下には2級学科として社会学、人口学、人類学、民族学の4つの学科が配置される。

 1988年の第1回および2002年の第2回の「国家重点学科」の選定はいずれも「2級学科国家重点学科」の選定のみであったが、第3回の「国家重点学科」の指定で初めて1級学科の中からも重点学科の指定が行われた。1級学科が「国家重点学科」に指定されると、その下に属する2級学科はすべて自動的に「国家重点学科」となる。1級学科がカバーする比較的広い学問領域の単位ごとに「国家重点学科」を指定する新しい選定方法は、各大学が強みをもつ分野を鮮明にして、目指す学術発展の方向に合致した学科体系の整備を合理的に進めることを意図したものであった。

 各学科の専門家チームによる選定評価を経て、教育部は2007年11月に286の「1級学科国家重点学科」と677の「2級学科国家重点学科」を選定した。「1級学科国家重点学科」の指定を受けた大学は81校、「2級学科国家重点学科」を有する大学は196校となった。

 第2-1-7表に、第3回「国家重点学科」(2級学科)の指定の多い大学の上位20校を示す。

第2-1-7表 2007年第3回「国家重点学科」数の上位20校(2級学科)
順位 大学名 重点学科数 順位 大学名 重点学科数
1 北京大学 25 11 華中科技大学 12
2 四川大学 24 11 中南大学 12
3 中山大学 22 12 北京師範大学 11
4 浙江大学 21 12 上海交通大学 11
5 复旦大学 19 15 南開大学 9
6 武漢大学 17 16 西安交通大学 8
7 清華大学 15 16 中国人民大学 8
7 吉林大学 15 16 天津大学 8
9 山東大学 14 16 蘭州大学 8
10 南京大学 13 16 華中師範大学 8
出典:教育部学位管理研究生教育司「重点学科リスト(2007年承認)」を基に作成

 第3回の「国家重点学科」における「985プロジェクト」および「211プロジェクト」指定校の割合を見ると286の1級学科国家重点学科のうち270学科が「211プロジェクト」指定校に、222学科が「985プロジェクト」指定校に属している。「2級学科国家重点学科」においても677のうち537学科が「211プロジェクト」指定校、366学科が「985プロジェクト」指定校に属している。

第2-1-8表 第 3 回「国家重点学科」指定における 985 および 211 指定校の割合
学科級別 選定数 211
指定校
211指定校の占める割合 985
指定校
985指定校の占める割合
1級学科国家重点学科 286 270 94% 222 78%
2級学科国家重点学科 677 537 79% 366 54%
出典:教育部学位管理研究生教育司「重点学科リスト(2007年承認)」を基に作成

 第3回「国家重点学科」で初めて指定された各大学の強みである学科体系の発展方向を示す286の「1級学科国家重点学科」のリストを第2-1-9表に示す。

第2-1-9表 2007年指定 第3回「国家重点学科」リスト(1級学科国家重点学科
学科名称 学校名称
哲学 北京大学
中国人民大学
復旦大学
理論経済学 北京大学
中国人民大学
南開大学
復旦大学
廈門大学
武漢大学
応用経済学 中国人民大学
中央財経大学
南開大学
廈門大学
法学 北京大学
中国人民大学
中国政法大学

政治学

北京大学
社会学 北京大学
中国人民大学

マルクス主義理論

中国人民大学
教育学 北京師範大学
華東師範大学

心理学

北京師範大学

体育学

北京体育大学
中国言語文学 北京大学
北京師範大学
復旦大学
南京大学
四川大学
新聞メディア学 中国人民大学
復旦大学
歴史学 北京大学
南開大学
数学 北京大学
清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
北京師範大学
南開大学
吉林大学
復旦大学
南京大学
浙江大学
中国科学技術大学
山東大学
四川大学
物理学 北京大学
清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
復旦大学
南京大学
中国科学技術大学
化学 北京大学
南開大学
吉林大学
復旦大学
南京大学
浙江大学
中国科学技術大学
廈門大学

天文学

南京大学
地理学 北京大学
北京師範大学
華東師範大学

大気科学

北京大学
海洋科学 廈門大学
中国海洋大学

地球物理学

中国科学技術大学
地質学 南京大学
中国地質大学
西北大学
生物学 北京大学
清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
復旦大学
南京大学
中国科学技術大学
武漢大学
中山大学
科学技術史 北京科技大学
中国科学技術大学
力学 北京大学
清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
北京航空航天大学
大連理工大学
ハルピン工業大学
上海交通大学
南京航空航天大学
中国科学技術大学
機械工学 清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
北京航空航天大学
北京理工大学
吉林大学
ハルピン工業大学
燕山大学
上海交通大学
浙江大学
華中科技大学
湖南大学
中南大学
重慶大学
西南交通大学
西安交通大学
光工学 清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
北京理工大学
南開大学
天津大学
長春理工大学
南京理工大学
浙江大学
華中科技大学
国防科学技術大学
計測科学技術・工学 北京航空航天大学
天津大学
ハルピン工業大学
材料科学工学 清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
北京航空航天大学
北京科技大学
天津大学
東北大学
ハルピン工業大学
上海交通大学
浙江大学
山東大学
華中科技大学
武漢理工大学
中南大学
華南理工大学
四川大学
西安交通大学
西北工業大学
冶金工学 北京科技大学
東北大学
動力工学および熱物理 清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
ハルピン工業大学
上海交通大学
浙江大学
華中科技大学
西安交通大学
電気工学 清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
浙江大学
華中科技大学
重慶大学
西安交通大学
電子科学技術 北京大学
清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
北京郵電大学
復旦大学
東南大学
電子科技大学
西安電子科技大学
情報通信工学 清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
北京交通大学
北京理工大学
北京郵電大学
東南大学
電子科技大学
西安電子科技大学
国防科学技術大学
制御科学工学 清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
北京航空航天大学
東北大学
ハルピン工業大学
上海交通大学
浙江大学
華中科技大学
西安交通大学
国防科学技術大学
コンピュータ科学技術・工学 北京大学
清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
北京航空航天大学
ハルピン工業大学
上海交通大学
南京大学
国防科学技術大学
建築学 清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
天津大学
同済大学
東南大学
土木工学 清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
ハルピン工業大学
同済大学
浙江大学
湖南大学
中南大学
水利工学 清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
天津大学
大連理工大学
河海大学
武漢大学
西安理工大学
測量科学技術・工学 武漢大学
解放軍情報工程大学
化学工学 清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
北京化工大学
天津大学
大連理工大学
華東理工大学
南京工業大学
地質資源および地質工学 吉林大学
中国地質大学
成都理工大学
鉱業工学 北京科技大学
中国鉱業大学
中南大学
石油および天然ガス工学 大慶石油学院
西南石油大学
中国石油大学

紡績科学・工学

東華大学

軽工業技術・工学

華南理工大学
交通運輸工学 北京交通大学
同済大学
東南大学
中南大学
西南交通大学
長安大学
船舶・海洋工学 ハルピン工程大学
上海交通大学
武漢理工大学
航空宇宙科学技術・工学 北京航空航天大学
南京航空航天大学
西北工業大学
兵器科学技術・工学 北京理工大学
南京理工大学
軍械工程学院
核科学技術・工学 清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
中国科学技術大学

農業工学

中国農業大学
林業工学 東北林業大学
南京林業大学
生物医学工学 清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
上海交通大学
東南大学
浙江大学
華中科技大学
四川大学
重慶大学
西安交通大学

食品科学・工学

江南大学
作物学 中国農業大学
南京農業大学
河南農業大学
華中農業大学

園芸学

浙江大学
農業資源利用学 中国農業大学
南京農業大学
浙江大学
植物保護学 中国農業大学
南京農業大学
浙江大学

畜牧学

中国農業大学
獣医学 中国農業大学
南京農業大学
林学 北京林業大学
東北林業大学

水産学

中国海洋大学
基礎医学 復旦大学
第二軍医大学
第四軍医大学
口腔医学 北京大学
四川大学
中医学 北京中医薬大学
広州中医薬大学

中西医結合学

復旦大学
薬学 北京大学
清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
中国薬科大学
第二軍医大学
中薬学 北京中医薬大学
黒竜江中医薬大学
上海中医薬大学
南京中医薬大学
成都中医薬大学
管理科学・工学 清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
北京航空航天大学
天津大学
大連理工大学
ハルピン工業大学
上海交通大学
浙江大学
合肥工業大学
中南大学
西安交通大学
国防科学技術大学
工商管理学 中国人民大学
清華大学、北京協和医学院—清華大学医学部
廈門大学
中山大学
西安交通大学

図書館情報管理学

武漢大学
出典:教育部学位管理研究生教育司「重点学科リスト(2007年承認)」

④地域的均衡のとれた重点学科体系の発展

 高等教育と科学研究の拠点基地となる重点大学を構築する「211プロジェクト」と「985プロジェクト」は、中国の各地域の特色に立脚した重点学科体系を整備することも課題の一つであった。このため、重点学科および大学の地域的な配置に関しても社会の各方面のニーズを踏まえた政策的配慮がなされた。

 1989年に行われた第1回「国家重点学科」の選定時における地域分布を見ると、重点学科の配置が一部の地域に集中しており、華北地区(41%)と華東地区(30%)の2地区だけで全体の7割を占め、その他の地域においては全国的に高等教育の発展が立ち遅れ地域間の格差が非常に大きい状況であった。

 約20年にわたる「211プロジェクト」および「985プロジェクト」の推進と重点学科整備の全国的な展開を経て、2007年の第3回「国家重点学科」の地域分布では、華中地区が第1回の6%から13%へ上昇し、西部地区も西南地区と西北地区の合計で第1回の10%から17%へ大きく構成比を増加させた。これは中央政府が国家開発戦略として打ち出した「西部大開発」戦略に沿ったものであると同時に、高等教育機関は地域社会の発展ニーズに応えて科学技術を基盤とした専門的サービスを提供するべきであるとの「国家重点学科」建設の基本理念を反映したものといえる。

第2-1-10表 第1回「国家重点学科」(1988-1999年)の地域分布状況
地区 華北 東北 華東 華中 華南 西南 西北 合計
学科数 175 36 124 26 15 20 20 416
構成比 41% 9% 30% 6% 4% 5% 5% 100%
出典:『改革開放以来の重点学科建設の回顧』(清華大学教育研究所 孔鋼城)
第2-1-11表 第3回「国家重点学科」(2007年)の地域分布状況(2級学科)
地区 華北 東北 華東 華中 華南 西南 西北 合計
学科数 163 68 195 86 46 62 57 677
構成比 24% 10% 29% 13% 7% 9% 8% 100%
出典:『改革開放以来の重点学科建設の回顧』(清華大学教育研究所 孔鋼城)

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468