4.111プロジェクト

(1)概要

 「111プロジェクト」は中国の大学にハイレベルな研究拠点を形成することを目的として、2006年にスタートした高等教育機関の研究水準を国際レベルへ向上させるための施策である。世界の上位「100校」にランキングされる著名大学および研究機関から「1000人以上」の各分野の一流科学者を招聘し、中国の優秀な研究者と合同研究チームを結成することを奨励して、中国全土に国際合同研究拠点を約「100ヵ所」設立することを目標に掲げたことから「111プロジェクト」の名称がつけられた。

 教育部と国家外国専門家局が同プロジェクトの担当部門であり、正式名称は「大学学科イノベーション・インテリジェンス導入プロジェクト」(「高等学校学科創新引智計画」)である。2006年から2008年にかけて、「985プロジェクト」指定の重点大学と一部の「211プロジェクト」指定大学の学科を中心として、合計で117のプロジェクトがイノベーション・インテリジェンス導入基地として設定された。

(2)背景および実施経緯

 「985プロジェクト」の開始以来、一部の優秀大学を重点的に支援することによって中国に世界一流大学およびハイレベルの研究型大学を建設するための施策が着々と進められてきた。こうした中で中国政府は、中国の高等教育機関をできるだけ速やかに世界トップレベルの水準に到達させ、先端分野における研究人材の育成を加速するためには、海外の著名大学や研究機関から優秀な世界レベルの研究者を数多く中国へ招聘して、中国の高等教育機関の研究者と共同研究を実施させることが有効な方法であると考えた。

 そして、「211プロジェクト」および「985プロジェクト」のもとで支援を行ってきた国家重点学科を拠点として科学研究を発展させることを通じて、国際的に影響力のある科学技術の成果を創出して、中国の大学全体の競争力を高めて国際レベルに到達させる政策的取り組みが行われることになった。

 教育部と国家外国専門家局は2005年9月21日に共同で、「大学学科イノベーション・インテリジェンス導入プロジェクト『第11次5ヵ年規画』に関する通知」を公表し、「11次5ヵ年規画」中の2006年から2010年の間に、国家目標として中国の大学の学科を世界先進レベルに引き上げることを実現するため、世界のトップ100校の大学および研究機関から1000人余りの優秀な研究者を中国へ招聘して、中国の高等教育機関の研究者とともに高水準の研究チームを立ち上げ、中国全土に100前後の学科イノベーション・インテリジェンス基地を建設する方針を明らかにした。その後、2006年8月に「大学学科イノベーション・インテリジェンス導入プロジェクトに関する管理弁法の通知」が公表され実施方法の詳細が定められた。

 同施策の推進および運営管理に当たっては、世界各国の政府や教育機関等との交渉、調整が必要となることから、海外専門家の招聘の際の中国政府側の窓口である国家外国専門家局が教育部とともに本プロジェクトの管轄部となった。

(3)実施状況および成果

①3段階的のプロジェクト実施計画

 中国政府は、「111プロジェクト」の具体的な実施にあたって、各大学の学科の個別プロジェクトの実施、研究人材の育成および基地拠点の建設の3つが密接に連動して着実な成果を上げることを重視した。また、段階を踏んで「111プロジェクト」を展開し、かつ施策の実施状況に応じて見直しと調整を行うことを基本方針とした。具体的には以下の3段階のステップに分けて実施することが計画された。

  1. 第一段階: 2006年に25ヵ所前後のイノベーション・インテリジェンス導入基地を「985プロジェクト」指定校の学科の中から選定
  2. 第二段階: 2007年に40ヵ所前後のイノベーション・インテリジェンス導入基地を「985プロジェクト」指定校および「211プロジェクト」指定校の中から選定
  3. 第三段階: 2008年に35ヵ所前後のイノベーション・インテリジェンス導入基地を「985プロジェクト」指定校、「211プロジェクト」指定校およびその他の「国家重点学科」が設置された大学の中から選定

 3段階に分けて実施状況を評価しながら選定対象を広げていくことがプロジェクト実施の原則として示され、2006年から2008年の間に国内に100前後の大学学科イノベーション・インテリジェンス導入基地が「111プロジェクト」として設置されることとなった。

 また、指定されたそれぞれのプロジェクトは5年を実施期間とし、開始から2年後に研究成果についての中間評価を受けることが求められ、評価の結果次第では「111プロジェクト」指定の見直しが行われる方式がとられた。

②イノベーション・インテリジェンス導入基地の条件

 プロジェクトの対象大学には中国政府により1校あたり5年間にわたって年間180万元の助成が行われる。助成方法としては、「985プロジェクト」対象大学については国家外国専門家局と教育がそれぞれ年間90万元を支出し、その他の大学については国家外国専門家局と各大学の所管部門がそれぞれ年間90万元ずつの助成を行う。

 2005年9月の「大学学科イノベーション・インテリジェンス導入プロジェクト『第11次5ヵ年規画』に関する通知」では、「第11次5ヵ年規画」期間中(2006~2010年)に国家外国専門家局は少なくとも3億元、また教育部および各大学の所管部門は別途に少なくとも3億元を「111プロジェクト」に投入することを求めた。

 「111プロジェクト」のイノベーション・インテリジェンス導入基地の選定に関するその他の基本条件等について第2-1-12表に示す。

第2-1-12表 イノベーション・インテリジェンス導入基地の設置条件
科学研究の基礎条件
  • 国家重点学科」を基礎とした国、省、部級の重点科学研究プラットフォームとして国際研究協力の基盤を有すること。
  • 一定の研究場所のスペースがあり実験設備など研究のための条件を備えていること。
基地の人員構成
  • 海外から招聘する研究人材は10名以上で、当該学術分野の1名以上の著名学者および3名以上の専門研究者を含むこと。
  • 国内の研究人員は10名以上の当該学術分野の専門研究者が在籍すること。
海外人材の条件
  • 海外人材は世界トップ100大学あるいは研究機関の研究者であること。
  • 海外人材の専門領域は基礎科学、技術工学、管理等の分野であること。
  • 招聘する各分野の第一人者レベルの著名学者は原則として70歳以下、専門研究者は50歳以下であること。
  • 海外人材の中国での研究等のための滞在期間は著名学者は毎年1ヵ月以上、専門研究者は3ヵ月以上が必要。
  • 中国側の専門研究者は博士学位を有することを必須とし、原則として50歳以下であること。
資金助成の主要使途
  • 海外人材招聘の国際旅券、手当、住居費、医療費等の費用。
  • 研究に必要な研究業務費、実験材料費、人件費、研究助手の手当等(但し30万元以上の大型設備の購入は不可)。
  • 相互の短期訪問のための費用。
  • 博士の共同育成に必要な費用 等。

③成果

 「111プロジェクト」は「大学学科イノベーション・インテリジェンス導入プロジェクト『第11次5ヵ年規画』に関する通知」及び「管理弁法」に示された方針に従って、2006年から2008年にかけて、まず「985プロジェクト」と「211プロジェクト」の指定大学が優先して選定され、その後、「国家重点学科」を有するその他の大学へと3段階のステップを踏んで順次展開された。

 第一段階として2006年に「985プロジェクト」に指定された24大学から26の学科が、第二段階は2007年に「211プロジェクト」指定校から51大学の51の学科が、そして第三段階は2008年に「国家重点学科」から40大学の40の学科が「111プロジェクト」として選定され、合計で117のプロジェクトがイノベーション・インテリジェンス導入基地として国家財政からの資金助成を受け、共同研究が進められている。

 これらのイノベーション・インテリジェンス導入基地における海外から招聘した優秀な研究者との共同研究などの取り組みを通じて、中国の科学技術分野の研究人材の育成が進むことを中国政府は狙っている。

 2006年から2008年の3回に分けて選定された全部で117の「111プロジェクト」の指定大学と研究分野の概要を第2-1-13~15表にプロジェクト指定年度ごとに以下に示す。

第2-1-13表 2006年の「111プロジェクト」対象大学・学科リスト
番号 学校名称 研究分野
1 北京大学 生命科学
2 清華大学 知能ネットワーク化システム
3 中国農業大学 植物耐性高率分子制御
4 北京師範大学 地球陸地表面と大気の相互作用に関する研究
5 南開大学 機能性有機分子の構造と効果
6 天津大学 グリーン化学工学
7 大連理工大学 機能超分子・ナノ材料
8 吉林大学 古生物の進化と環境変遷
9 吉林大学 超分子の組成と機能
10 ハルピン工業大学 航空宇宙技術
11 復旦大学 量子制御
12 上海交通大学 自動車デジタル化設計および製造
13 南京大学 分子代謝
14 浙江大学 農業生物・環境
15 中国科学技術大学 蛋白質相互作用ネットワーク
16 廈門大学 生物医学科学
17 山東大学 機能材料・部品
18 武漢大学 細胞機能の分子基礎
19 華中科技大学 石炭燃焼
20 中南大学 非鉄、レアメタルおよび粉末冶金材料
21 華南理工大学 高分子プラスチックの光電材料研究
22 四川大学 機能遺伝子・重大疾病生物治療
23 重慶大学 生物力学・組織修復工学
24 西安交通大学 軽材料及び知能構造の基礎力学
25 西安交通大学 メソ材料の性能解析及びサイズ効果
26 蘭州大学 西部環境変化
出典:教育部 国家外国専門家局「大学学科イノベーション・インテリジェンス導入プロジェクト2006年度プロジェクトの通知」
第2-1-14表 2007年の「111プロジェクト」対象大学・学科リスト
番号 学校名称 研究分野
1 北京大学 基礎医学
2 清華大学 水環境汚染抑制科学技術
3 北京科技大学 先端金属構造・機能材料科学技術
4 北京化工大学 インターカレーション構造分子構造
5 北京郵電大学 通信ネットワーク核心技術
6 中国農業大学 植物・土壌科学
7 北京中医薬大学 漢方・西洋医学融合学科
8 北京師範大学 脳知能科学
9 北京航空航天大学 航空科学技術
10 中国石油大学(北京) 重油科学及び開発技術
11 中国地質大学(北京) 鉱物生成動力学
12 北京理工大学 特殊分子ナノ科学技術
13 南開大学 弱光非線形光子学科学技術
14 天津大学 ミクロナノ科学技術
15 東北大学 電磁冶金・強磁場材料科学技術
16 吉林大学 無機ナノ細孔材料科学技術
17 東北師範大学 植物ゲノム科学
18 ハルピン工業大学 設備設計製造科学技術
19 ハルピン工程大学 深海工程科学技術
20 復旦大学 先端材料科学技術
21 同済大学 海洋地質科学
22 上海交通大学 知能ビデオ科学技術
23 華東理工大学 神経退行性疾病相関蛋白・薬物発見科学
24 東華大学 紡織生物医用材料科学技術
25 華東師範大学 数学研究
26 南京大学 ミクロ構造機能材料
27 東南大学 ディスプレイ科学技術
28 中国鉱業大学 石炭資源・環境科学技術
29 江南大学 食品安全加工科学技術
30 南京農業大学 農業生物災害科学
31 浙江大学 情報制御科学
32 合肥工業大学 再生可能エネルギーのグリッド接続科学技術
33 中国科学技術大学 コンピュータ科学・応用
34 廈門大学 海洋生物地球科学
35 山東大学 心血管ゲノム医学
36 中国海洋大学 大気海洋相互作用動力学
37 武漢大学 ソフトウェア工学と航路誘導ネットワーク技術
38 華中科技大学 光電科学技術
39 中国地質大学(武漢) マントル地殻動力学
40 武漢理工大学 材料複合新技術・先端機能材料科学
41 華東農業大学 植物機能ゲノム科学
42 華中師範大学 教育デジタル媒体と可視化
43 中南大学 生物冶金科学技術
44 中山大学 ゲノム・進化生物学
45 西南大学 家蚕システム生物学
46 電子科技大学 電子情報工程科学
47 西安交通大学 高効率・再生可能エネルギーのための熱物理学
48 西安電子科技大学 知能情報処理科学技術
49 西北農業林業大学 植物病理学
50 西北工業大学 構造力学行為科学技術
51 蘭州大学 干ばつ・寒地生態学
出典:教育部 国家外国専門家局「大学学科イノベーション・インテリジェンス導入プロジェクト2007年度プロジェクトの通知」
第2-1-15表 2008年の「111プロジェクト」対象大学・学科リスト
番号 学校名称 研究分野
1 北京大学 分子化学
2 北京交通大学 情報科学技術
3 北京化工大学 先進炭材料及び特殊高分子技術
4 北京郵電大学 高等知能ネットワークサービス技術
5 北京林業大学 林業工学・森林学
6 北京中医薬大学 中医薬・中医学科
7 清華大学医学部 重大疾病発生発展の基礎研究
8 北京師範大学 総合災害リスク管理技術
9 北京航空航天大学 航空推進理論及び工学技術
10 中国鉱業大学(北京) エネルギー科学技術
11 南開大学 機能蛋白質科学
12 天津大学 内燃動力工学技術
13 華北電力大学 大規模グリッド保護及び安全防御技術
14 大連理工大学 大規模土木水利工事防災技術
15 東北大学 一体化プロセス制御技術
16 東北林業大学 林業工学
17 ハルピン工業大学 重大計測器技術
18 復旦大学 現代応用数学
19 同済大学 省エネ環境自動車技術
20 上海交通大学 先進デジタル微細医学工学技術
21 華東理工大学 化学反応工学
22 華東師範大学 河口海岸水利安全技術
23 南京大学 資源環境学
24 東南大学 学習学科工程技術
25 南京農業大学 作物遺伝および新種創出学
26 浙江大学 エネルギーグリーン利用科学技術
27 廈門大学 表面物理化学及び生物物理化学
28 中国石油大学(華東) 油田ガス田開発工程技術
29 華中科技大学 分子生物物理学
30 中国地質大学(武漢) 生物地質及び環境地質学
31 武漢理工大学 高性能船舶技術
32 華中農業大学 作物生物エネルギー物質効率合成技術
33 華中師範大学 クォーク物質物理学
34 中南大学 化学生物学及び創新薬物学
35 中山大学 光電及び機能分子固体材料技術
36 重慶大学 送変電設備系統安全技術
37 四川大学 山地資源工程及び生態安全
38 西安電子科技大学 無線情報ネットワーク基礎理論及び技術
39 長安大学 干ばつ地区生態及び治水安全学
40 西北工業大学 先進材料及び成形技術
出典:中国教育科研計算網「大学学科イノベーション・インテリジェンス導入プロジェクト2008年度プロジェクト」

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468