1.大学卒業生の平均初任給

(1)大学分類別の平均初任給

 「985プロジェクト」および「211プロジェクト」の指定大学、その他の一般の本科大学および専科大学ごとに、大学での専攻分野と、実 際に就職した業種の関係性を表す相関率と平均初任給のデータを第6-2-1表に示す。

 「985プロジェクト」指定大学は、専攻分野と就業分野の相関率が73%、平均初任給が月3310元といずれも最も高く、社会で需要が高い専門分野の高級知識人材が輩出されていることを裏付けている。& amp; amp; amp; amp; amp; amp; lt; /p>

 プロジェクト指定のない一般本科大学の平均初任給が月2286元であるのに対して、「211プロジェクト」指定大学は月2951元で一般本科大学より29%高く、また「985プロジェクト」指 定大学の月3310元は一般本科大学より45%高い水準となっており、「985プロジェクト」指定大学の就職面での優位性が示されている。

 専科大学卒業生の専攻分野と就職業種の相関率は62%と最も低く、平均初任給は一般の本科大学の76%の水準にとどまる。

第6-2-1表 大学の分類別の就業相関率と平均初任給(2008年)
出典:「中国教育発展報告2009」(21世紀教育発展研究院編、社会科学文献出版社)
大学区分 相関率(%) 平均初任給(元/月)
985プロジェクト指定大学 73 3310
211プロジェクト指定大学 72 2951
その他の本科大学 70 2286
専科大学 62 1743

 「985プロジェクト」および「211プロジェクト」指定校を含むすべての本科大学卒業生の初任給の分布を第6-2-1図に示す。それによると、「1501~2000元」が24%と最も多く、「 2001~2500元」が23%で続いている。また、2500元以下が全体の70%を占める。

第6-2-1図 本科大学卒業生の初任給の分布(2008年)

第6-2-1図 本科大学卒業生の初任給の分布(2008年)(単位:%)

出典:「2009年中国大学生就業報告」(麦可思中国大学就業研究組編、社会科学文献出版社)をもとに作成

(2)業種別の平均初任給

 本科大学卒業生の就職先の業種ごとの平均初任給を、就職人数の多い業種の順に示したものが第6-2-2表である。「製造業」に就職する学生が27%と最も多く、学 部生の約3割が工学を専攻していることと高い相関を示している。

 業種別に見て平均初任給が最も高いのは「鉱業、採掘業」の月2563元で、全業種平均の月2150元より19%高い。「鉱業、採掘業」は就職する学生の割合は全体の2%と少ないが、職 種分類による平均初任給のランキングでも「石油採掘エンジニア」が月3544元で第1位となっている。  

 以下、「金融、保険、不動産」が月2498元、「電信、電子情報サービス」が月2401元で続いている。

第6-2-2表 本科大学卒業生の就職先業種と平均初任給(2008年)
出典:「2009年中国大学生就業報告」(麦可思中国大学就業研究組編、社会科学文献出版社)
順位 就職先業種 就職人数割合(%) 平均初任給(元/月)
1 製造業 27 2057
2 文化教育、娯楽 13 1968
3 電信、電子情報サービス 9 2401 (3)
4 金融、保険、不動産 9 2498 (2)
5 建設業 8 2228
6 公共、行政 6 2020
7 医療 5 1825
8 小売業 5 1985
9 法人向けサービス 4 2225
10 電気、ガス、公共環境サービス 3 2334
11 交通、物流、倉庫、運輸サービス 3 2313
12 農業、林業、漁業 3 1862
13 鉱業、採掘業 2 2563(1)
14 旅館、ホテル、飲食サービス 2 1862
15 問屋、仲卸売業 1 2104
- 全業種平均 100 2150

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468