トップ >教育中国国家重点大学> 北京理工大学

北京理工大学

大学名称 北京理工大学(Beijing Institute of Technology)
ウェブサイト http://www.bit.edu.cn/
主管部門 工業情報化部 北京理工大学
本部
所在地
省・市 北京市
番地 北京市海淀区中関村南大街5号
電話番号 010-68913278
面積(㎡) 土地 1,489,275
校舎 1,271,418
沿革 1939年、延安に設立された「自然科学研究院」が前身。1940年に「延安自然科学研究院」に改称、1943年に「延安大学」に編入された。1946年、「晋察冀辺区工業専門学校」に改称し、1948年に「北方大学工学部」に編入。その後「華北大学工学部」を経て、「北京工業大学」として独立。1988年4月、現在の「北京理工大学」に改称。
特色 中国共産党が創立した最初の理系大学で、工学系を中心に理学、人文社会学を含めた総合大学であり、「211プロジェクト」及び「985プロジェクト」に指定されている国家重点大学となっている。国防分野の高級科学技術人材を育成する重要拠点となっており、李鵬、曽慶紅など多くの国家リーダーを輩出。全ての学部に博士課程を設置しているハイレベル研究教学型大学である。
学部・
大学院構成
宇宙航空学、機械・電気工学、機械・車両工学、光電工学、情報・電子工学、自動化工学、計算機工学、ソフトウェア、材料、化学・化学工学、生命科学、数学・統計学、物理学、管理・経済学、人文・社会科学、マルクス主義学、法学、外国語、アートデザイン学、教育研究学
大学付属病院
国家指定 211プロジェクト 985プロジェクト
予算(2016年、万元)
院士数 中国科学院 6 中国工程院 9
学生数
(2016年調査時)
普通本科 14,943 普通専科 1,239
成人本科 4,020 成人専科 1,803
博士 3,238 修士 7,878
在校生合計 33,961
専任教員数
(2016年調査時)
正高級 493 副高級 856
中級 684 初級 72
その他 専任教員合計 2,105
研究活動
国家重点学科 工学:
(一級学科)機械工学
(二級学科)材料学
国家重点実験室 爆発科学・技術国家重点実験室、複雑システム知能制御・決定国家重点実験室
科学技術経費(2014年収入、千元) 2,024,065
国際交流(2016年調査時データ)
留学生数・寄宿舎数 留学生:552名
海外大学との交流
(協定校数)
66の国・地域の約240の大学との間で協力協定を締結した。ドイツミュンヘン工科大学、アーヘン工科大学、東京工業大学など、約50余の大学との間では大学生交換プロジェクトを展開している。日本の提携大学としては、早稲田大学、埼玉大学などがある。

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/4/11更新
「中国型市場経済の壁」

富坂聰が斬る!

New

2017/4/18更新
「米中の摩擦」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/3/22更新
「人民元為替レートは安定」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

2017/3/31更新
最新テーマ: 環境技術

取材リポート

2017/4/5更新
「中国からの留学生10万人弱に ベトナムの伸び目立つ」

中国の法律事情

New

2017/4/18更新
「裁判官による裁量」

日中交流の過去・現在・未来

2017/4/12更新
科学者・栗原博:「彼はなぜこれほど中国を愛するようになったか」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/3/23
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2017/4/14更新
「長崎県と福建省 古い媽祖像から「境界人ノ世界」を想う」

中国実感

2017/3/6更新
「実務と忍耐が生んだ「残存者利益」―杭州のある日系紡績加工企業の模索」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

New

過去の講演資料・レポート

アクセス数:50,500,516