トップ >中国関連書籍書評> 『トランプVS習近平 そして激変を勝ち抜く日本』(富坂聰,2016年12月)

書籍紹介:『トランプVS習近平 そして激変を勝ち抜く日本』(富坂聰,2016年12月)

書籍イメージ

書籍名:トランプVS習近平 そして激変を勝ち抜く日本

  • 著 者: 富坂 聰
  • 出版社: KADOKAWA
  • I S BN: 978-4-0460-1832-8
  • 定 価: 1,000円+税
  • 頁 数: 208
  • 判 型: B6判 変形
  • 発行日: 2016年12月刊

書評:「トランプVS習近平 そして激変を勝ち抜く日本」富坂 聰

倉澤 治雄(中国総合研究交流センター

  大方の予想に反して、米国大統領選挙でドナルド・トランプ氏が選出されたことを受けて、今後の国際関について、さまざまな本が出版されている。本書はとくに東シナ海や南シナ海での海をめぐる問題を中心に、中国から見た米中関係に紙幅を割いている。

  折りしも中国はこの12月、南シナ海で活動していた米国の無人潜水機を奪うと言う行為に出た。

 筆者は現代中国の専門家で、独自の情報ルートから、日本の他のマスメディアとは異なる視点を提供している。

  第1章「南シナ海の激突から読み解く米中の本心」では、仲裁裁判所の判断をめぐる「中国の論理」を解き明かすとともに、現実のASEANと中国の関係を事例を挙げて紹介している。

 また第2章の「『海』の支配をしたたかに狙いアメリカ」では、今後の米・中・ロの戦いの場を、「宇宙」「サイバー空間」「海」と規定、南シナ海をめぐる米中の関係について、オバマ政権の政策と、トランプ新政権が取りうる対応の可能性などについて分析している。

  さらに「尖閣問題の真相と日米同盟の行方」では、東シナ海と南シナ海の関係や、尖閣諸島領有権問題の歴史を振り返り、「実効支配」の重要性を強調する。

  そのほか、核開発を続ける北朝鮮に対する中国の影響力を、正確に分析する必要性を強調するとともに、日本の憲法論議にまで踏み込んで、激変の時代に、日本が「勝ち抜く」道筋を探る。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/2/3更新
「中国の環境汚染問題、被害者=加害者の事実」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/2/1更新
「2017年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2017/2/28更新
「資本流出の抑制と資本流入の促進」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/12/5更新
「中国人が抱く、日系企業のイメージ」

科学技術トピック

New

2017/2/28更新
最新テーマ: 鉄道技術

取材リポート

New

2017/2/24更新
「日本の人工透析システム中国で普及か」

中国の法律事情

New

2017/2/23更新
「中国現地法人の抹消登記手続が簡易に」

日中交流の過去・現在・未来

2017/1/23更新
「梅屋庄吉と孫文の盟約—松本楼 副社長 小坂文乃さんに聞く—」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2017/2/20更新
「国立公文書館展示会「書物を愛する人々(蔵書家)」について」

中国実感

2017/2/17更新
「刺激の絶えなかった、中国での研究生活」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:49,545,802