トップ >中国関連書籍書評> 書籍紹介:『科学者と中国古典名言集』(藤嶋昭・守屋洋,2016年11月)

書籍紹介:『科学者と中国古典名言集』(藤嶋昭・守屋洋,2016年11月)

書籍イメージ

書籍名:トランプVS習近平 そして激変を勝ち抜く日本

  • 著 者: 藤嶋 昭・守屋 洋 共著
  • 出版社: 朝日学生新聞
  • I S BN: 978-4-9071-5096-9
  • 定 価: 1,800円+税
  • 頁 数: 256
  • 判 型: A5判
  • 発行日: 2016年11月刊

書評:「科学者と中国古典名言集」藤嶋 昭・守屋 洋

倉澤 治雄(中国総合研究交流センター

 「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」(エジソン)

 人生や科学について、洋の東西を問わず、さまざまな名言が伝えられてきた。この本は当代一流の化学者にして東京理科大学の学長の藤嶋昭先生と、中国古典研究の泰斗でSBI大学院大学教授の守屋洋先生のコラボで誕生した。

 時代、そして世界観を変えた科学者のひと言と、中国古典の哲学が、かくも重なるとは驚きである。

 フランスの哲学者で「人間は考える葦である」と喝破したパスカルに、「隠れた高潔な行いは、最も尊敬されるべき行為である」という名言がある。これに対応するように、中国の古典「北史」には「陰徳は猶耳鳴りの如し、己独りこれを知るも、人知るものなし」との言葉がある。人知れず功徳を積むことは、洋の東西を問わず高潔な行いである。中国には、「陰徳あれば陽報あり」(人知れず徳を積めば必ず報われる)という言葉もある。

 本書はまた動物写真家の田中光常氏による、美しい自然や動物の姿がふんだんにちりばめられている。

 「夜の次に朝が来て、冬が去れば春になると言う確かさの中には、限りなくわたしたちを癒してくれる何かがあるのです。」

 これは「沈黙の春」の著者で、生物学者のレイチェル・カーソンの言葉である。自然のすばらしさを謳うとともに、自然が失われる姿を最も憂いた科学者である。

 中国の「菜根譚」には「天地は本寛し、而して鄙しき者自ら隘くす。風花雪月は本間なり、而して労攘の者自ら冗しくす。」とある。自然は大きく、風情はあるのに、人間の心が狭く、自然を味わい尽くすことが出来ない。

 本書は「人生とは」「人のために」「自分を磨く」「希望をもって前向きに」「努力こそ大切」「成功するために」「研究は面白い」などをテーマに、古今の名言、科学者のひと言の意味にさかのぼって、まとめたものである。仕事や研究、あるいは人間関係に疲れたとき、一服の清涼剤のように、皆さんの心を洗ってくれるだろう。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/12/9更新
「中国社会の難題、低い国民の素質」

富坂聰が斬る!

2016/12/13更新
「人事の一年」

和中清の日中論壇

New

2016/12/22更新
「中国のGDPが米国を超える日」

田中修の中国経済分析

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/12/26更新
「外貨準備の減少」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/12/5更新
「中国人が抱く、日系企業のイメージ」

科学技術トピック

New

2016/12/22更新
最新テーマ: 農林水産

取材リポート

2016/12/19更新
「中国の研究能力向上は本物か」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/11/25更新
「お茶博物館を通した日中文化交流」

日中の教育最前線

2016/11/10更新
「日中の就学前教育への私感」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/11/18更新
「『淮南子·兵略篇』と先秦兵家の関係について(三)」

中国実感

2016/11/17更新
「阿門(アーメン)、素食(スーシー)、放生(ファンション) 中国宗教体験―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:48,256,542