【17-14】日立造船の下水処理システム広東省で実証試験

2017年 6月12日  小岩井忠道(中国総合研究交流センター)

 日立造船は8日、中国広東省内の下水処理場で同社の汚水処理システムの実証試験を行う、と発表した。

 実証試験は、広東省科学技術庁と関西・アジア環境・省エネビジネス交流推進フォーラムが実施するモデル研究事業として採択されたことによる。同社の高速繊維ろ過装置「まりも」を使った汚水処理設備を広東省内の下水処理場に設置し、2019年2月まで継続的な運転を行いさまざまなデータを得る。広東省側から、広州擎天材料科技有限公司と中国電器科学研究院有限公司が実証試験に加わる。実証試験全体の費用はまだ確定していないが、広東省から100万元(1元は約16円)の補助金が出る。

image

高速繊維ろ過装置「まりも」(イメージ図)

(日立造船提供)

 下水処理など水環境の向上は、中国政府の重要政策の一つ。下水処理水の水質基準値の厳格化、地方都市の施設整備など意欲的な取り組みが進んでいる。一方、海外事業の比率を将来50%以上にする目標を掲げる日立造船にとっても、水処理事業の市場拡大は重要課題。今回、使用される高速繊維ろ過装置「まりも」の処理能力は、通常のろ過装置の3~5倍に相当する1日1,000メートル。同社は、今回の実証試験で得られるデータなどを活用し、広東省だけでなく中国国内、さらには東南アジアに汚水処理技術の普及・拡大を図る、としている。

 広東省と関西・アジア環境・省エネビジネス交流推進フォーラムの協力プロジェクトは、2016年3月に広東省広州市で近畿経済産業局と広東省科学技術庁が締結した政府間協力文書(MOU)に基づく。関西・アジア環境・省エネビジネス交流推進フォーラムは、関西地域とアジア地域との環境・省エネ産業のビジネス交流などを目指し2008年に発足した関西企業の連合組織。同フォーラムの会員企業を軸に広東省と環境・省エネ分野に焦点を当てた取り組みを進める枠組みができた。

 協力案件については、日中双方の専門家による検討委員会が審査し、広東省の環境問題を解決するプロジェクトに対して、中国側から1件当たり50万~100万元の補助金が出る仕組みができている。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/5/30更新
「中国社会の上昇志向と日本社会の無力傾向の背景」

富坂聰が斬る!

2017/4/18更新
「米中の摩擦」

和中清の日中論壇

2017/4/25更新
「習近平主席の「核心」の意義」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/5/25更新
「『一帯一路』と人民元の国際化」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/6/2更新
「北京最新事情!微信旋風、シェア自動車…、大きく変わった庶民の生活」

科学技術トピック

2017/5/31更新
最新テーマ: ライフサイエンス

取材リポート

New

2017/6/12更新
「日立造船の下水処理システム広東省で実証試験」

中国の法律事情

2017/6/5更新
「間もなく施行される中国「自動車販売管理弁法」について」

日中交流の過去・現在・未来

New

2017/5/29更新
『歴史が未来を語る』―中国で活躍する日本人科学者・栗原博の述懐

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2017/6/12更新
「日本に胎動する『中国』」

中国実感

2017/5/11更新
「一台あればどこでも行ける! 中国で広まる携帯電話の多様な応用」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:51,649,254