【17-20】西安交通大OGの陳星竹さん優勝 日本語スピーチコンテスト

2017年 7月20日  中国総合研究交流センター編集部

 全中国選抜日本語スピーチコンテストが7月18日、東京の日経ホールで開かれ、西安交通大学の陳星竹さんが優勝した。

 陳さんは今回、与えられた2テーマのうち「日中相互理解を目指して−私がやってきたこと、やってみたいこと」を選び、昨年「日中友好フリーハグ」というボランティア活動に参加した2日間の体験を紹介し、「人と人、国と国のつながりを強化し、日中相互理解を実現したい」と改めて感じたと語り、審査員から高い評価を得た。

image

写真1 優勝した陳星竹さん

 フリーハグとは、「Free Hug」と書かれたプレートを掲げ、通りがかりの見知らぬ人々と、ただハグ(抱擁)する活動のこと。米国発で近年日本人の間でも行われているが、中国人留学生らは「中日、日中の民間交流を活発化させ、両国の友好の架け橋となること」を目的として活動を開始した。陳さんは昨年、2日間にわたって街頭でのフリーハグ活動に参加。その結果、ソーシャルメディアにおける評価である「いいね」クリックが1000回を突破したとその成果を誇らしげに紹介した。

 日本語スピーチコンテストの出場者16人は中国各地で行われた予選を勝ち抜いてきた大学生。スピーチ後の質問では専門外の質問に戸惑う場面もみられたが、スピーチそのものは、主宰者側が「全参加者1万1400人から選ばれており優劣つけがたい」と強調する完成度の高い出来映えで特に優勝・準優勝の計3人は僅差だったという。審査委員長の立石博高東京外国語大学学長は、参加者のスピーチ全体について「気負いがない」「身の丈にあった」という表現でその自然な感性を評価した。

 陳さんは表彰式後のあいさつで、主催者や自分を支えてくれた恩師らに対する感謝の言葉に続けて「日本語の勉強は大学院に入ってからも続けて頑張っていきたい」と抱負を述べた

 「全中国選抜 日本語スピーチコンテスト」は、中国で日本語を学ぶ大学生を対象に日本経済新聞社、中国教育国際交流協会、日本華人教授会議が毎年、開いている。2006年に第1回が開かれ、今年は12回目となる。

image

写真2 本選出場者と審査委員の記念撮影


日中大学フェア&フォーラムウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/5/30更新
「中国社会の上昇志向と日本社会の無力傾向の背景」

富坂聰が斬る!

2017/6/14更新
「宇宙開発」

和中清の日中論壇

New

2017/7/19更新
「ゴーストタウンのモデルと言われたオルドスのその後(その1)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/6/29更新
「人民元為替レート決定方式の変更」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/6/2更新
「北京最新事情!微信旋風、シェア自動車…、大きく変わった庶民の生活」

科学技術トピック

2017/6/30更新
最新テーマ: ICT分野

取材リポート

New

2017/7/20更新
「西安交通大OGの陳星竹さん優勝 日本語スピーチコンテスト」

中国の法律事情

2017/6/14更新
「『民法総則の歴史的意義』について」

日中交流の過去・現在・未来

New

2017/7/19更新
「桜の道を歩み、科学技術の実を結ぶ」

日中の教育最前線

2017/6/20更新
「中国の「中国朝鮮族学校の教育事情―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/7/11更新
「中国における常滑焼朱泥急須」

中国実感

2017/5/11更新
「一台あればどこでも行ける! 中国で広まる携帯電話の多様な応用」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

他機関のイベント情報


CRCC運営データベース


CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:52,478,241