トップ >コラム&最新事情中国実感> 【17-004】神ってるドラマ? 神劇(シェンジュイ)、必死(ビース)―ことばから見る中国社会

【17-004】神ってるドラマ? 神劇(シェンジュイ)、必死(ビース)―ことばから見る中国社会

2017年 4月27日

河崎みゆき

河崎みゆき:上海交通大学日本語学科常勤講師
國學院大學文学部大学院修士
華中科技大学中文系応用言語学博士学位取得

略歴

1989年、千葉県社会福祉協議会中国帰国者センターで日本語を教える。2005年2月より華中科技大学日本語学科で8年半日本語を教え、現在、上海交通大学日本語学科常勤講師。専 門は日本語教育および中国社会言語学。日本語ジェンダー学会評議員

神ってるドラマ?神劇(シェンジュイ)

 いま中国ではあるドラマが「神劇」と呼ばれ話題になっている [1] 。『人民的名義(人民の名において)』という湖南衛星テレビで放映されているドラマのことだ。これは、ある汚職事件を描いたドラマだ。実際にあった地方政府の汚職事件がベースになっているとも言われ、最 高人民検察院から送り込まれた有能な検察官侯亮平(ホウリャンピン) が、地方政府の幹部の不正を追う物語で、中国の官僚の清濁双方の様子が描き出され、疑惑の副市長がアメリカへ高飛びするなど、舞 台は世界へと広がり、引き込まれる内容になっている。またこれはどの市のことか、登場人物のモデルになったのは誰か [2] 、検察官や政府幹部を輩出するドラマの中の「漢東大学」とはどこかなどの詮索もネットを賑わしている。こうした汚職事件を取り扱ったドラマが実際に放送されるに至るのは難しいと言われているため、中 国政府の姿勢の変化を多くの人が感じていることも人気の秘訣になっている。最近では日本語メディアでも取り上げられているので、ドラマの紹介自体はそちらに譲るとして、筆者はやはりことばの使われ方に注目したい。 

写真

『人民的名義』ポスター 主人公侯亮平 百度百科から

 「神劇」は中国語では「オラトリオ」の意味で使われ、そのほか、抗日戦争ドラマの中で、あり得ない力の持ち主がでてきたりするものを称して「抗日神劇」という使い方もされる。また、同 じ内容の焼き直しドラマといった意味で使われていたが、最近では大ヒットドラマを指して「神劇」と呼ぶようになっている。例えば、昨年の大ヒット復讐時代劇の「琅琊榜(ランヤーバン)」も その一つにあげられている [3]

 ここでの「神」の意味は日本の昨年の新語・流行語大賞をとった「神ってる」の使い方に近い。神がかった活躍、メガヒットといった意味だ。そのほかにも、「一度聞いたら忘れられない」神曲:たとえば龔琳娜( ゴンリンナ)の「忐忑(タントゥ)」 [4] ような使い方、神がかった作品「神作」、絶対おすすめという意味の「神推薦」など「神〇〇」の使用が目につく。日本語からの影響とは断定できないものの、「神〇〇」は同時進行的に増えている。

 日本語の「神対応」もAKBファンを中心に知られているし、すばらしいコメントを指す「神回復」はネットことばとしてよく使われている。ここでの「回復」は病気が治るという意味ではなく、返事のことだ。「 神対応」ということばをきいたとき、中国語にある「一条龍的服務」ということばを思い出した。つまり一匹の龍が行うパーフェクトなサービスという意味だが、い まではある種の接待業に使われることばに変化しているようだ。

 このコラムでも以前、「毒舌」が日本語由来の意味で今使われていること指摘したが、ほかにも「壁ドン(壁咚)」や「ツンデレ(傲嬌)」なども中国語の中に入っている。壁ドンは音訳で、ツ ンデレは意訳である。筆者は中国の学生たちに日本の流行語を紹介することがあるが、「壁ドン」に関してはこんな言葉もありますよと紹介した途端に学生の方から、も う中国語訳がありますと教えられ浸透の早さにびっくりしたことがある。日本のドラマがその週のうちに翻訳つきでネットに上がり、見ることができる国である。日本の新語・流 行語大賞の新語を全てカバーできるとは思わないが、新鮮な表現が人目について取り入れられていくことはこれからも起こるだろう。

必死(ビース)

 これは上記の例とは、逆に日中で意味合いが異なる例である。少し前のことになるが、3月の初旬 14日間に渡って北京で全人代と政協会議が行われ中国ではこれを「両会」と呼んでいる。こ の両会がおわった直後、朝日新聞に「澄んだ空目指せ、中国必死…」という見出しの記事が出た。中国指導部が大気汚染対策を懸命にアピールしているという意味だったのだが、こ の見出しを見た日本語がわからない中国のネット民たちが「中国が必ず死ぬ」とは何事かと一時、微信(ウィーチャット)などで問題視した。中国語には日本語のように「必死に…をする」という意味がないため、字 面だけをみて気分を害したようだが、日本語がわかるネット民たちが説明して、すぐに誤解はとけた。怪我や、小心なども日本語と中国語で意味の違うことばだ。前者は中国語では「私のせいにする」という意味だし、後 者は「気を付けて」という意味である。

 最後に、必死ということに関連して、筆者の華中科技大時代の教え子のことで最近、感じたことがある。先月、北京で働く30代の教え子が上海にきて、「先生、家を買いましたから、こ んど北京にきたら泊まるところがありますよ」と言ってくれた。どんな家かと尋ねたところ、北京の郊外で中古の30平米のマンションだという。同居のフィアンセは復旦大学を卒業、中 国の有名なポータルサイトの記者をしている。2人とも中国の名門大学を卒業、それぞれが日本円にして30-40万円の月給をもらっているようだが、地方出身者であるため北京戸籍が取れず、今 後結婚して子どもがうまれても、受け入れてもらえる学校があるか心配もある。私は本当に愕然とした。私は、彼が大学時代どんなに必死に勉強していたかを知っている。専 攻は日本語ではなくジャーナリズムでありながら、日本語は1級、英語も英検1級レベルの検定試験に合格している。日本の大学生が4年の間に、2つの学位と2つの外国語の1級レベルを取るほど勉強するだろうか。そ ういう人たちが北京では、30年ローンで買えるのが30平米なのだという。わたしは北京に行ってそんな彼らをどかして彼らのベッドに寝かせてもらうのだろうか。

 一方で、中国の大手通信会社「華為(ファーウェイ)」に就職し日本支社で働く教え子たちは違う。支社を大手町に構え、独身の教え子でさえ68平米のマンションを会社が社員寮として借りてくれ住んでいる。同 じ会社に勤めるもう1人の教え子は結婚し、同級生だった妻は専業主婦になり、先日わたしに、「日本で一戸建てを買おうとおもうけれど、○○不動産はどうでしょうか」と 有名不動産会社の名前を挙げたのでびっくりした。もちろんこれはその通信会社の実力を物語っているのだが、東京と北京の地価の差にも関係している。

写真

私の住む上海のマンション。旧フランス租界の森が見渡せる。

 今の中国の学生たちは、経済発展の恩恵を受けながらも、家がどんどん高くなっていることに戸惑いを感じている。わ たしは上海では90年代に建てられたオンボロマンションの41平米の部屋に賃貸で住んでいるが、このマンションの80平米の部屋が上海の旧フランス租界で便利なところにあるということだけで、売 値が日本円で1億円ぐらいするのだ。これは東京でかなり素敵な新築が買える値段だろう。

 必死に勉強し、真面目に働く教え子たちが、せめて2LDKレベルの家が持て、子どもの進学にも困らないよう、神様に祈りたいと思う。


[1].神剧《人民的名义》里 这些演员都是本色出演 2017-04-11(神劇「人民の名において」の中のこれらの役者は本職が演じている)http://news.china.com.cn/2017-04/11/content_40595914_2.htm

[2].《人民的名义》大揭秘:副国级大老虎和丁副市长原型竟是他们!你猜中了几个?(「人民の名において」のナゾを解く:準国家級大虎と丁副市長の原型は彼らだ!いくつ当たりましたか?)http://www.sohu.com/a/132917665_526474

[3].十大国产年度神剧 高达9.5分剧王竟不是胡歌演的《琅琊榜》2016年01月07日(重大国産 今年度9.5点を叩き出したドラマの王様は胡歌の《琅琊榜》ではない。)http://www.cq.xinhuanet.com/2016-01/07/c_1117697003.htm

[4].神曲・龔琳娜(ゴンリンナ)「忐忑(タントゥ)」https://m.youtube.com/watch?v=fogC8xUDVFw


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/4/11更新
「中国型市場経済の壁」

富坂聰が斬る!

2017/4/18更新
「米中の摩擦」

和中清の日中論壇

New

2017/4/25更新
「習近平主席の「核心」の意義」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

New

2017/4/25更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(1)」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/4/21更新
「銀行間市場金利の上昇」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

2017/3/31更新
最新テーマ: 環境技術

取材リポート

New

2017/4/26更新
「日本の科学技術に最大の関心 海外6カ国世論調査で判明」

中国の法律事情

2017/4/18更新
「裁判官による裁量」

日中交流の過去・現在・未来

2017/4/12更新
科学者・栗原博:「彼はなぜこれほど中国を愛するようになったか」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/3/23
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/4/14更新
「長崎県と福建省 古い媽祖像から「境界人ノ世界」を想う」

中国実感

New

2017/4/27更新
「神ってるドラマ? 神劇(シェンジュイ)、必死(ビース)―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

New

過去の講演資料・レポート

アクセス数:50,637,400