【17-03】宇宙開発

2017年 6月14日

富坂聰

富坂聰(とみさか さとし):拓殖大学海外事情研究所 教授

略歴

1964年、愛知県生まれ。
北京大学中文系中退。
「週間ポスト」(小学館)「週刊文春」(文芸春秋)記者。
1994年「龍の『伝人』たち」で第一回21世紀国際ノンフィクション大賞受賞。
2014年より現職。

著書

  • 「中国人民解放軍の内幕」(2012 文春新書)
  • 「中国マネーの正体」(2011 PHPビジネス新書)
  • 「平成海防論 国難は海からやってくる」(2009 新潮社) ほか多数

 世界の大国間の競争は、「海洋」、「宇宙」、そして「サイバー」という三つの空間で鎬を削る。そうしたトレンドは、今後も続いてゆくと考えられている。

 この視点から見たとき、中国はその潤沢な予算を宇宙にも惜しみなく投じ、積極的な開発に邁進している。そのことがあらためて浮き彫りにされたニュースだった。

 今年6月9日、科学調査船「向陽紅09」に搭載された有人潜水艇「蛟竜号」がマリアナ海溝での作業に入ったことが報じられた。深海・遠洋にも中国の手が伸びていることを示したのだが、そのニュースが世界を駆け巡るのとほぼ同じタイミング(5日から9日まで)で注目を浴びたのは、北京で開催された世界宇宙探査大会2017年(GLEX2017)だった。

 中国宇航学会が主催するGLEX2017は、世界の宇宙事業に関わる最先端の技術者や組織が一堂に会する場所の一つとして知られている。

 大会の初日には習近平国家主席がわざわざ祝賀のメッセージを寄せて、やはり中国が宇宙事業に力を傾注していることを示したのだった。

 さて、ではこの大会において中国が最も目玉としたニュースとはいったい何だったのだろうか。

 それは言うまでもなく月探査機「嫦娥4号」に関するものであった。

 間もなく中国が行うとされる月の裏側への探査に関し、2018年には月探査機「嫦娥4号」の打ち上げが順調に進んでいると自信を示したのである。

 月の裏側とは、つまり「深宇宙」のことを意味しているのだが、この「深宇宙」の開発には米ロも以前から非常に力を入れてきている。

 米中ロがそろって「深宇宙」開発に邁進する理由については後述するとして、この探査が科学技術の分野でも多くの国と科学者の関心の的であることは、〈(「嫦娥4号」には)オランダ製低周波探査装置、ドイツ製月面中性子・放射線量探査装置、スウェーデン製中性原子探査装置、サウジアラビア製月小型光学イメージング探査装置という、4つの国際協力科学装置が搭載される〉(「人民網日本語版」2017年6月8日)ことが決まっている点を見てもよく分かる。

 月は自転の関係により地球からは常に一つの面しか見えないが、その裏側まで探査機を飛ばすとなれば通信の中継の高度な技術が必要である上に電磁波の影響で低周波数の通信に限られるという問題にも対処せざるを得なくなる。

 いわゆる内外の技術をこの探査機に結集させる必要があり、黒竜江省のハルビン工業大学が開発した2つの小型衛星の搭載や広東省の中山大学が提供するレーザー角反射鏡といった技術が持ち寄られるとされる。

 また宇宙農業にもつながる技術とされる月面での微生態については重慶大学の技術が活かされるというのだ。

 ただ中国の「深宇宙」開発と聞かされれば、やはり真っ先に思い浮かぶのは軍事利用である。

 深宇宙は、軍事分野では早くから敵に事前に察知されることなく相手を攻撃できる能力として注目されてきた。

 月の裏側は常に地球からは死角となる。そのため、攻撃される側からすれば、まったく見えないところから突然ミサイルが飛んでくるのだから恐怖に違いない。

 こんな態勢を整えられれば、ライバルに対して大きなアドバンテージを得ることは自明だ。

 例えば現在、中国が強く反発する米軍による朝鮮半島へのTHAAD(高高度迎撃ミサイルシステム)配備だが、このTHAADで中国が最も警戒しているのは2000キロメートル先まで正確に物体をとらえるXバンドレーダーである。これによって中国の動きはガラス張りになってしまいかねないと考えられるのだが、このレーダー網を逃れるために中国がなんとしてもほしいのが潜水艦発射型ミサイルの有効性が確保される深い海であり、また今回の「深宇宙」なのである。

 もちろん中国の宇宙開発のすべてが軍事から説明されるものではない。ただ、中国が今後、2020年には火星探査も計画し、火星を一周して土壌サンプルを持ち帰るなどの計画を推進してゆくその裏側では、米中ロ三カ国の間の「空間」をめぐる競争という側面が拭えないのも一つの現実である。

 2025年には中国が宇宙ステーションを持つ唯一の国となることは知られているが、そのほかにも天文大科学装置、高海抜宇宙線観測ステーション(LHAASO)を完成させ、ここに届く宇宙線情報を中国が各国に提供する役割などを担うとされるのだ。このことを考慮すれば、中国にはますます一国の利益ではなく大国としての役割を求めてゆかなければならないのだろう。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/5/30更新
「中国社会の上昇志向と日本社会の無力傾向の背景」

富坂聰が斬る!

New

2017/6/14更新
「宇宙開発」

和中清の日中論壇

2017/4/25更新
「習近平主席の「核心」の意義」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/5/25更新
「『一帯一路』と人民元の国際化」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/6/2更新
「北京最新事情!微信旋風、シェア自動車…、大きく変わった庶民の生活」

科学技術トピック

2017/5/31更新
最新テーマ: ライフサイエンス

取材リポート

New

2017/6/12更新
「日立造船の下水処理システム広東省で実証試験」

中国の法律事情

New

2017/6/14更新
「民法総則の歴史的意義」について」

日中交流の過去・現在・未来

New

2017/5/29更新
『歴史が未来を語る』―中国で活躍する日本人科学者・栗原博の述懐

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2017/6/12更新
「日本に胎動する『中国』――テーマパークとしての「横浜中華街」とリアル中国としての「東京中華街」?」

中国実感

2017/5/11更新
「一台あればどこでも行ける! 中国で広まる携帯電話の多様な応用」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:51,707,889