肺がんが中国で最も発症率の高いがんに

2017年 9月27日

 山東省青島市で開かれた、2017年度の世界華人医師協会年次総会において、中国科学院の赫捷院士は中国のがん発症率には近年、大きな変化が生じていることを明らかにした。新華社が伝えた。
 赫捷院士は、「1970年代に発症率と死亡率が高かったのは、胃がん、食道がん、肝臓がん、子宮頸がん、肺がんだったが、90年代には肝臓がんと肺がんが上位を占めた。華北・東北・華東・華中・華南・西南・西北という7大地域で近年実施された統計によると、中国人男性の腫瘍発生率が高いのは肺がん、胃がん、肝臓がん、食道がんなどで、女性は乳がん、肺がん、直腸がん、胃がんなどとなっている。死亡率には一定の差があり、男女の死亡率が最も高いのは肺がん、2位は胃がん。女性の3位は食道がん、男性の3位は肝臓がん。また高齢化に伴い、中国のがん発症率が徐々に高くなっている」と説明した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2017/9/22更新
「国によって異なるセミナーで講演するコツ」

富坂聰が斬る!

2017/8/30更新
「南シナ海行動規範」

和中清の日中論壇

New

2017/9/27更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その1)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/9/11更新
「中国の金融政策の枠組み」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/8/29更新
「若者たちは何故“达康书记”が好きなのか」

科学技術トピック

New

2017/8/31更新
最新テーマ: ロボット技術

取材リポート

New

2017/9/27更新
「情報化時代への対応遅れる日本のアジア研究 日本学術会議提言で明らかに」

中国の法律事情

2017/9/20更新
「所有権が変容する?」

日中交流の過去・現在・未来

2017/7/19更新
「桜の道を歩み、科学技術の実を結ぶ」

日中の教育最前線

2017/8/28更新
「中国の教育資源が集中した現象に対する分析―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/7/11更新
「中国における常滑焼朱泥急須」

中国実感

2017/8/2更新
「中国の宅配業務、「最後の1キロ」解決が成功へのカギ」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース


CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:53,848,518