卵を生で食べるのが一番栄養価が高い?

2017年 9月29日

 栄養価が高い食べ方という理由から卵を生で食べるのを好む人がいる。また生で卵を食べれば体ののぼせを解消できるという説もあるが、実際にはそうではない。卵を生で食べることは実は体に良くない。卵を食べる目的は通常、タンパク質を摂取するためだが、そのタンパク質を吸収するには、ペプシンと小腸のトリプシンが必要となる。ところが生卵にはトリプシンに抵抗する物質が含まれ、タンパク質の吸収を防ぐ。火の通った卵にはこの物質が含まれないため、体に吸収されやすい。人民網が伝えた。
 また生卵を食べることで、かかりやすい病気もある。加熱していない卵には病原菌と寄生虫が含まれている可能性があり、食べると感染する可能性がある。そのため一般的に加熱してから食べるのが最も安全だ。

◆調理法別・卵の栄養価のランキング
 1位:ゆで卵。加熱温度が低く、栄養価が全て保たれる。
 2位:茶碗蒸し。加熱温度がやや低く、リボフラビンやルテインなどの水溶性ビタミンの損失が少ない。
 3位:落とし卵。加熱温度がやや低く、水溶性ビタミンの損失が少ない。
 4位:目玉焼き。加熱温度が高く、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンが失われる。
 5位:卵焼き。加熱温度が高く、すべてのビタミンが失われる。
 6位:炒り卵。加熱温度が高く、多くのビタミンが失われる。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/9/22更新
「国によって異なるセミナーで講演するコツ」

富坂聰が斬る!

2017/8/30更新
「南シナ海行動規範」

和中清の日中論壇

New

2017/9/27更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その1)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/9/11更新
「中国の金融政策の枠組み」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/8/29更新
「若者たちは何故“达康书记”が好きなのか」

科学技術トピック

New

2017/8/31更新
最新テーマ: ロボット技術

取材リポート

New

2017/9/27更新
「情報化時代への対応遅れる日本のアジア研究 日本学術会議提言で明らかに」

中国の法律事情

2017/9/20更新
「所有権が変容する?」

日中交流の過去・現在・未来

2017/7/19更新
「桜の道を歩み、科学技術の実を結ぶ」

日中の教育最前線

2017/8/28更新
「中国の教育資源が集中した現象に対する分析―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2017/9/28更新
「宋明代の士大夫の生活における日本の摺扇」

中国実感

2017/8/2更新
「中国の宅配業務、「最後の1キロ」解決が成功へのカギ」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース


CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:53,915,274