風雲4号が撮影した地球の写真、10億人近くが注目

2017年 9月29日

 一人の孤独な人が、風が吹き雲が巻き起こる地球の前に立つ。微信(WeChat)ユーザーにとって、このような画面は見慣れたものだ。目ざといユーザーの多くは、25日から28日にかけて微信の起動画面の地球の写真が交換されていたことに気付いたに違いない。どこが変わっていたのかというと、アフリカ大陸上空のアングルから、中国上空のアングルに変わっていた点だ。さらに驚くべき変化は、これが中国の「風雲4号」衛星が、宇宙から撮影した最新の気象図だったということだ。人民日報海外版が伝えた。
 国家国防科技工業局が発表した情報によると、中国次世代静止軌道気象衛星「風雲4号」が25日、正式にユーザーに引き渡された。微信のチームは、今回の画面交換は風雲4号の使用開始を祝してのことだと表明している。
 テンセントが発表したデータによると、今年6月30日現在、微信の月間アクティブユーザー数は9億6300万人に達した。つまり10億人近くがこの新しい画面を目にしたことになる。
 微信のソーシャル機能「モーメンツ(朋友圏)」で、この2枚の画面を比較した写真が注目されている。「微信、6年でついに変わったか」、「微信、変わったね!」などの文章に、アクセスが集中した。また、この話題は微博(ウェイボー)でもすぐに検索上位ワードとなった。
 今回の活動を企画した、テンセント科学普及情報化プロジェクト責任者の何建紅氏は、「一枚の衛星写真の変化が、ネット上でこれほど大きな話題になるとは予想もしなかった。微信の起動画面の交換がホットな話題になったのは、微信の大規模なユーザー数と関連しているが、風雲4号そのものの科学的価値とも切り離せない。これはネットユーザーの愛国心と、中国の科学技術発展への誇りを示している」と話した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/9/22更新
「国によって異なるセミナーで講演するコツ」

富坂聰が斬る!

2017/8/30更新
「南シナ海行動規範」

和中清の日中論壇

New

2017/9/27更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その1)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/9/11更新
「中国の金融政策の枠組み」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/8/29更新
「若者たちは何故“达康书记”が好きなのか」

科学技術トピック

New

2017/8/31更新
最新テーマ: ロボット技術

取材リポート

New

2017/9/27更新
「情報化時代への対応遅れる日本のアジア研究 日本学術会議提言で明らかに」

中国の法律事情

2017/9/20更新
「所有権が変容する?」

日中交流の過去・現在・未来

2017/7/19更新
「桜の道を歩み、科学技術の実を結ぶ」

日中の教育最前線

2017/8/28更新
「中国の教育資源が集中した現象に対する分析―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2017/9/28更新
「宋明代の士大夫の生活における日本の摺扇」

中国実感

2017/8/2更新
「中国の宅配業務、「最後の1キロ」解決が成功へのカギ」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース


CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:53,915,274