中国の海水稲、0.06ヘクタール当たり生産量が620キロに

2017年 9月29日

 青島海水稲研究発展センター白泥地実験基地にとって初の、塩・アルカリ耐性稲材料の収穫・評価が28日午後に始まった。生産量は最高で、0.06ヘクタール当たり620.95キロに達した。専門家によると、これは中国の「海水稲」研究の重要な進展だということだ。新華社が伝えた。
 塩・アルカリ耐性稲は俗に海水稲と呼ばれる、長期的に砂浜や塩・アルカリ土地で成長できる稲だ。同実験基地は今年、高い塩・アルカリ耐性を持つ海水稲材料を312点を試験的に栽培した(稲の品種審査前は材料と呼ばれる)。収穫、重量測定、異物除去などにより、4点の材料の0.06ヘクタール当たり生産量が400キロを超えたと測定された。
 中国工程院院士の袁隆平氏ら専門家の推算によると、0.06ヘクタール当たり生産量が300キロを上回れば、「海水稲の栽培が採算が取れ、農家の積極性が高まる」という。
 青島海水稲研究発展センター技術所の王克響所長によると、軽度塩・アルカリ土地の塩分は約0.3%で、中度は0.6%。海水の塩分濃度は3.3-3.5%。同センターの海水稲の試験栽培において、まず塩分濃度0.3%の希薄海水灌漑を利用し、その後は0.6%とした。海水稲の研究の推進に伴い、より塩分濃度とアルカリ性の高い海水灌漑が可能になる。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/9/22更新
「国によって異なるセミナーで講演するコツ」

富坂聰が斬る!

2017/8/30更新
「南シナ海行動規範」

和中清の日中論壇

New

2017/9/27更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その1)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/9/11更新
「中国の金融政策の枠組み」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/8/29更新
「若者たちは何故“达康书记”が好きなのか」

科学技術トピック

New

2017/8/31更新
最新テーマ: ロボット技術

取材リポート

New

2017/9/27更新
「情報化時代への対応遅れる日本のアジア研究 日本学術会議提言で明らかに」

中国の法律事情

2017/9/20更新
「所有権が変容する?」

日中交流の過去・現在・未来

2017/7/19更新
「桜の道を歩み、科学技術の実を結ぶ」

日中の教育最前線

2017/8/28更新
「中国の教育資源が集中した現象に対する分析―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2017/9/28更新
「宋明代の士大夫の生活における日本の摺扇」

中国実感

2017/8/2更新
「中国の宅配業務、「最後の1キロ」解決が成功へのカギ」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース


CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:53,915,274