AIなどの先端科学技術分野めぐる雲栖大会、杭州で開催

2017年 10月12日

 「2017杭州・雲栖大会」が11日、雲栖小鎮で開かれた。杭州市人民政府、アリババ・グループ、グループ傘下のアント・ファイナンシャルが共催。67の国と地域から約5万人の来賓が出席した。人民日報が伝えた。
 大会は人工知能(AI)、ビッグデータ、新小売、金融科学技術など20の先端科学技術分野をめぐり、4日間開かれる。これには2回のメインフォーラム、20回のテーマサミット、110回以上の業界分科会が含まれる。今年の大会は3万平方メートル以上の生態科学技術展示エリアを特設。科学技術企業240社がAI、視覚智能、チップ計算、量子計算などの分野の最新の科学技術革新成果を集中的に展示する。アリババは大会で、新経済体のコア技術を蓄積するため、基礎科学及び画期的な技術革新を研究する「達磨院」を設立すると発表した。アリババは今後3年以内に、技術開発費を1000億元(1元は約17円)投じる計画だ。
 雲栖大会の永久開催地である雲栖小鎮は、中国初のクラウド生態を中心とし、クラウドコンピューティングを中心科学技術とする、クラウドコンピューティングビッグデータ及びスマートハード産業に基づく産業タウンだ。現在までにハイテク企業650社が入居している。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/10/5更新
「新時代の到来を予兆するグローバル政治の混乱」

富坂聰が斬る!

2017/8/30更新
「南シナ海行動規範」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2017/10/12更新
「2017年上半期の国際収支の状況」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/8/29更新
「若者たちは何故“达康书记”が好きなのか」

科学技術トピック

2017/10/2更新
最新テーマ: 資源

取材リポート

2017/9/27更新
「情報化時代への対応遅れる日本のアジア研究 日本学術会議提言で明らかに」

中国の法律事情

2017/9/20更新
「所有権が変容する?」

日中交流の過去・現在・未来

2017/10/5更新
「歳月を経てさらに盛り上がる中日協力―白芨灘生態協力の24年」

日中の教育最前線

2017/8/28更新
「中国の教育資源が集中した現象に対する分析―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/9/28更新
「宋明代の士大夫の生活における日本の摺扇」

中国実感

New

2017/10/12更新
「科学技術の変革が加速する中国の新業態形成」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース


CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:54,237,670