静止軌道マイクロ波観測衛星、中国が打ち上げを予定

2017年 11月10日

 上海で開催中の第19回中国国際工業博覧会で、中国第2世代静止軌道気象衛星「風雲4号」がお披露目され、多くの来場者が足を止めて見学した。静止軌道光学シリーズ衛星を開発し、打ち上げると同時に、中国は静止軌道マイクロ波観測衛星も研究開発を進めている。「連続性+立体的観測」を実現し、風雨の正確な観測を見逃さない。新華社が伝えた。
 中国航天科技集団第八研究院の責任者によると、軌道上を飛行中の風雲4号は中国第2世代静止軌道気象衛星の1号機で、中国初の高軌道3軸安定型定量リモートセンシング衛星だ。静止軌道光学衛星に属し、可視光と赤外線による観測が可能だ。
 静止軌道の可視光探査は空間分解能が高いが、夜間の観測が不可能で、時間的制限を受ける。静止軌道赤外線探査は昼夜の探査を実現するが、雲の表面しか観測できず、全天候の観測を実現できない。
 そこで光学衛星が雲を見透かすことができないという弱点を見据え、中国は静止軌道マイクロ波観測衛星を開発し、打ち上げる。波長がさらに長いマイクロ波で観測することで、雲と雨の構造を見透かすことができる。光学衛星の視界が容易に遮られるという問題を解消し、大気の三次元気温・湿度構造の24時間・全天候観測を実現する。
 静止軌道マイクロ波観測衛星の打ち上げ後、静止軌道光学リモートセンシング探査の高分解能の長所、マイクロ波の雲・雨・大気への独特な透過力を結びつけることで、「連続性+立体的観測」を実現し、風雨の正確な観測を見逃さない。特に急激に変化する台風や豪雨などの災害気象への観測・早期警戒能力を大幅に高めることになる。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/10/5更新
「新時代の到来を予兆するグローバル政治の混乱」

富坂聰が斬る!

2017/11/6更新
「EVの未来」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/10/12更新
「2017年上半期の国際収支の状況」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/8/29更新
「若者たちは何故“达康书记”が好きなのか」

科学技術トピック

New

2017/10/31更新
最新テーマ: 製造技術

取材リポート

New

2017/11/10更新
「次の目標は米国を超えること 胡鞍鋼清華大学教授記者会見」

中国の法律事情

2017/10/18更新
「民法典は異彩を放てるか?」

日中交流の過去・現在・未来

New

2017/11/8更新
「グラフェン研究に懸けるイノベーション創出」

日中の教育最前線

New

2017/11/7更新
「『双一流』の発表について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/10/23更新
「日本留学生と清末民初の『華夏西来』学説」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:54,837,213