世界インターネット先端科学技術成果、18件が選出

2017年 12月4日

 3日午後に開かれた第4回世界インターネット大会世界インターネット先端科学技術成果発表イベントにおいて、「ファーウェイ3GPP 5Gプレ商用化システム」、「マイクロソフト小氷――感情計算AI」、「北斗衛星測位システム」、「摩拝(Mobike)スマートシェア自転車」、アップルの「AR Kit」などの18件のハイテクが、来場者を驚かせた。この18件の成果のうち、中国チームが開発したものが6割以上を占めた。人民日報が伝えた。
 中国衛星測位システム管理弁公室の冉承其主任は、「北斗はより効率的で正確な時空サービスをめぐり、中国のプランを打ち出そうとしている。北斗はセンチメートル級高精度測位サービスを提供できる」と述べた。
 ファーウェイの徐直軍・輪番CEOは、「インターネット開発において、中国はこれまで他者に追随していたが、5G時代では先頭を走る。ファーウェイ3GPP 5Gプレ商用化システムはワイヤレスネットワーク、基幹ネットワーク、中核ネットワーク、チップ、CPEなどのエンドツーエンド製品及びソリューションプランの構築と試験・検証を終えている。商用化の成熟度と製品性能などで、全面的に世界トップ水準に達している」と話した。
 マイクロソフトのハリー・シャム上級副社長は「小氷は中国で誕生し、世界に進出しようとしている。小氷はすでに日本・米国・インド・インドネシアの4ヶ国に事業展開している。小氷は2014年に中国で誕生し、科学技術の歴史では最大規模のAI感情計算枠組みシステムになっている」と説明した。
 同じく中国から世界に進出したのは、摩拝単車だ。同社の王暁峰CEOは、「当社はすでに中国を含む12ヶ国に進出しており、世界のユーザー数は2億人以上に達している」と紹介した。
 今年の世界インターネット大会は中国、米国、英国、ドイツ、フランス、スウェーデン、アイルランド、フィンランド、韓国などから1000件近くのインターネット分野先端科学技術成果を集め、その件数は昨年より倍増した。国内外の有名専門家44人でつくる推薦委員会が、上述した18件の成果を選出した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/10/5更新
「新時代の到来を予兆するグローバル政治の混乱」

富坂聰が斬る!

2017/11/6更新
「EVの未来」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

New

2017/11/29更新
「19回党大会報告の留意点」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/11/20更新
「党大会時の金融当局者の発言」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/11/21更新
「世界に波及・中国人の大型連休」

科学技術トピック

New

2017/12/4更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2017/11/30更新
「高被引用論文研究者数で中国3位に クラリベイト・アナリティクス社発表」

中国の法律事情

2017/11/24更新
「法治啓蒙は法曹人から?」

日中交流の過去・現在・未来

2017/11/27更新
「全身全霊で研究に取り込んだ日々」

日中の教育最前線

2017/11/7更新
「『双一流』の発表について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/10/23更新
「日本留学生と清末民初の『華夏西来』学説」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:55,455,143