外国籍院士、中国のために何ができるか?

2017年 12月4日

 中国工程院中国科学院が相次いで新たに当選した外国籍院士リストを公表し、社会から注目を集めている。外国籍院士は肩書だけではないだろうか?彼らはどのようにして選ばれたのだろうか?中国の科学技術発展に向けどのような力を発揮するのだろうか?新華社が伝えた。
 新たに当選した中国工程院外国籍院士、米国の有名環境科学・工学教授のマイケル・ホフマン氏は29日、勤務先のカリフォルニア工科大学でインタビューに応じた際、「選考の競争は非常に激しく、競争相手は600人以上いた。私は中国の清華大学教授から推薦され、審査に審査を重ねて当選した。非常に光栄に思っている」と話した。
 新たに当選した外国籍院士の多くが、中国科学技術発展の大きな流れに乗り、中国の学界・業界との間に密接な関係を持っている。
 ビル・ゲイツ氏はテラパワーの会長として近年、何回も中国を訪れ、関連企業と事業提携している。テラパワーは原子力企業で、主に第4世代原子力技術「進行波炉」の研究開発に取り組んでいる。現在は中核集団と協力し、進行波炉を共同開発している。
 ホフマン氏は毎年60-70日を中国で過ごしている。2012年には清華大学海外学者になり、大連理工大学客員教授、華南理工大学顧問委員会メンバーなどの職についている。
 ホフマン氏は、「私のもとには多くの中国人の博士課程学生及びポスドクがおり、カリフォルニア工科大学のチームにも多くの中国人研究者がいる」と話した。また、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の支援を受け、ホフマン氏が開発する太陽エネルギー衛生システムは中国江蘇省の宜興に設置され、製造メーカー2社を設立している。
 中国工程院の新たに当選した外国籍院士として、ホフマン氏は、「少数の科学者を中心とするピラミッド型の科学研究チームを組むのではなく、多くの中国人科学者が独立し自主的に創造力あふれる仕事をすることを願う」と提案し、「北京大学などの一部の科学研究校は、その方向に発展中だ」と話した。
 また、ホフマン氏は、「私は今後も先進技術の研究開発を引き続き推進していく。カリフォルニア工科大学の授権協定に基づき、これらの技術を中国企業に譲渡する。また、清華大学などの客員教授を続け、中国人学生に指導していく」とした。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/10/5更新
「新時代の到来を予兆するグローバル政治の混乱」

富坂聰が斬る!

2017/11/6更新
「EVの未来」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

New

2017/11/29更新
「19回党大会報告の留意点」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/11/20更新
「党大会時の金融当局者の発言」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/11/21更新
「世界に波及・中国人の大型連休」

科学技術トピック

New

2017/12/4更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2017/11/30更新
「高被引用論文研究者数で中国3位に クラリベイト・アナリティクス社発表」

中国の法律事情

2017/11/24更新
「法治啓蒙は法曹人から?」

日中交流の過去・現在・未来

2017/11/27更新
「全身全霊で研究に取り込んだ日々」

日中の教育最前線

2017/11/7更新
「『双一流』の発表について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/10/23更新
「日本留学生と清末民初の『華夏西来』学説」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:55,455,143