中国が主張するチョモランマの標高取り下げ?関連当局は否定

2018年 2月12日

 国外のメディアはこのほど、ネパール登山協会の前責任者の発言を引用して、「中国側は、珠穆朗瑪(チョモランマ)峰の高度を8844メートルとする主張を取り下げ、ネパール側が示す8848メートルという標高に同意した」と報じた。新華社が伝えた。
 チョモランマの標高を正確に測量し、公表する権利を有する中国の法定機関である国家測絵地理信息局(国家測量地理情報局)は10日、「中国側はいかなる時、いかなる形式においても、2005年に正確に測定したチョモランマ岩石面の8844.43メートルという標高データを取り下げたことはない」とした。
 チョモランマは世界最高峰の山で、中国とネパールの国境に位置している。チョモランマの標高の正確な測定は人類が地球の運動規則を探査・知るための指標であり、国家科学技術水準及び総合国力の象徴でもある。1975年、同局は解放軍測絵学院、登山隊員と共同で初のチョモランマの標高の正確な測定活動を行い、その標高を8848.13メートルであるとした。
 2005年、国家測絵地理信息局は西蔵(チベット)登山隊の協力のもと、チョモランマの標高測定を再び行った。正確な測定により、チョモランマ岩石面の標高が8844.43メートル、頂上に積もった氷雪の深さが3.5メートルであることを明らかにした。
 2005年のチョモランマ岩石面の標高データと1975年の測量データを比較すると、3.7メートル低くなっている。これについて、同局の関連の責任者は、「その主な原因は3つある。1つ目は、2005年に標高を測定した際には、GPSなどの最先端の測量技術を使用し、測量の精度が目に見えて向上したため。2つ目は、頂上に積もっていた氷雪の厚さと関係がある。チョモランマの頂上の氷雪の厚さは気候によって大きく変化する。8844.43メートルという数字はチョモランマ岩石面の標高で、氷雪の厚さは含まれておらず、チョモランマ自体の高さといえる。3つ目は、チョモランマ地区は1975年から2005年の間に起こった地殻活動により標高に変化が生じたため」と説明した。
 2005年にチョモランマ岩石面の標高が正確に測定された後、関連の規定に基づき、同局は元総参測絵局と共同で関連部門と協議し、中国国務院からの認可を得て、2005年10月に国内外に向けて、1975年に公表したチョモランマの標高データの使用を停止すると発表した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/1/10更新
「21世紀の教育のあり方―IQとEQ」

富坂聰が斬る!

2018/1/17更新
「朝鮮半島危機」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2018/1/9更新
「2018年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/1/29更新
「日本の対中直接投資の動向」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

New

2018/2/6更新
「“胡同”の人情を探して」

科学技術トピック

2018/1/31更新
最新テーマ: 原子力

取材リポート

New

2018/2/10更新
「中国の評価引き続き上昇 英教育誌アジア大学ランキング」

中国の法律事情

2018/1/29更新
「法はチャイニーズ・スタンダードを推進する?」

日中交流の過去・現在・未来

2017/12/28更新
「年齢を重ねてなお輝く青年の志―中国工程院院士 瀋陽薬科大学元学長 曁南大学薬学院名誉院長 姚新生教授」

日中の教育最前線

2018/1/16更新
「一部の大学が提出した「一流大学建設方案」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/12/15更新
「正倉院の緑瑠璃十二曲長坏:北のシルクロードにおける物々交換と文化交流」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

北京便り

2018/1/31更新
「中国科学院、次期「中長期科学技術発展計画」の策定準備に」

印象日本

2017/3/9更新
「莫邦富の「莫談国事」:日本の高級ホテルの無料Wi-Fi未開通問題で議論沸騰」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:56,924,432