気象衛星「風雲2号H星」が一帯一路沿線諸国にサービスを提供

2018年 8月8日

 国家衛星気象センターはこのほど、気象衛星「風雲2号H星」が先月28日時点ですでに無事東経79度に到達し、観測した高品質大気画像を伝送したと発表した。同衛星は今後、軌道上で2ヶ月間にわたり観測を進めていく。人民日報海外版が伝えた。
 同衛星は今年6月5日に打ち上げられ、その観測範囲は西は中央アフリカ、東はオセアニアに跨がり、24時間連続で「一帯一路」(the Belt and Road)沿線諸国に専属サービスを提供し、気象予報から防災・減災・災害救助などに必要なデータを提供する。一帯一路沿線諸国は気象資料が乏しく自然災害が深刻なため、世界気象機関及びアジア太平洋宇宙協力機構は中国に対して、同衛星の位置を西側に移すことで、風雲シリーズ静止軌道衛星の観測範囲を拡大するよう求めた。国防科技工業局と中国気象局はその後、アジア太平洋宇宙協力機構と風雲気象衛星応用協力意向書に署名し、その位置を西に7.5度移すことを決定した。
 国家衛星気象センターの魏彩英副主任によると、今年9月に上海協力機構加盟国の利用者のニーズと風雲2号のマッチングを行う計画だという。気象部門は風雲衛星のデータ商品や資料入手方法などに関する各国の需要を理解し、需要に基づきサービスプランを計画する。風雲データサービスネットワークや北京世界気象機関ホームページ、中国気象局衛星放送システムなどを通じ、これらの国と地域により便利で効果的な衛星リモートセンシングデータ商品を提供していく。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/8/1更新
「米中貿易戦争の中国経済へのよき影響」

富坂聰が斬る!

2018/6/18更新
「習近平VS共青団2」

和中清の日中論壇

2018/6/12更新
「中国の社会経済の変化への日本の課題」

田中修の中国経済分析

2018/6/25更新
「国務院第Ⅱ期李克強体制の課題」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/7/31更新
「金融政策の転換」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/7/20更新
「白岩松さんの“W杯ショータイム”」

科学技術トピック

2018/7/31更新
最新テーマ:宇宙・航空分野

取材リポート

New

2018/8/8更新
「清華科技園運営企業、初の海外パークを英国に設立」

中国の法律事情

2018/7/20更新
「労災認定の日中比較」

日中交流の過去・現在・未来

2018/7/25更新
「―元中国駐箚特命全権大使 丹羽宇一郎氏に聞く―「民が官を動かす」日中の民間交流をより強く」

日中の教育最前線

2018/6/14更新
「教育の“歪み”のスケープゴート?『オリンピック数学』」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/7/5更新
「青木正児と『江南春』」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

2018/6/15更新
「植物の遺伝子を自在に改変する技術開発―在中国日本人らの研究チーム」

SPCトピック

2018/5/9更新
「JST、日中・中日科学技術論文機械翻訳システムの提供を開始」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:60,589,245