四川キンシコウ、起源と進化の歴史が明らかに

2018年 12月5日

 雲南大学への4日の取材によると、同校と中国科学院上海生命科学研究院が協力し、四川キンシコウの起源と進化の歴史の研究で重要な進展を実現した。研究成果はすでに、進化生物学の世界トップクラスの学術誌「Molecular Biology and Evolution」に掲載された。科技日報が伝えた。
 四川キンシコウは中国の有名な絶滅危惧野生保護動物で、四川省以北及び甘粛省の一部地域、陝西省秦嶺山脈、湖北省神農架自然保護区のみに分布している。この3集団の野外個体数も2万頭未満となっている。
 研究チームは集団遺伝学の角度から、核ゲノム、ミトコンドリアゲノム、Y染色体という両親と母方・父方の3種の遺伝子マーカーを利用し、現存する3カ所の四川キンシコウの起源と移動の過程を全面的に説明した。研究により、3種の遺伝子マーカーが四川キンシコウの3地域の異なる集団構造を示していることが分かり、また核ゲノムの分析により彼らの間に対称的な双方向の遺伝の流れがあったことが明らかになった。ミトコンドリアゲノムとY染色体の分析により、非対称の遺伝の流れがあったことが分かった。さらなるシミュレーションと分析により、異なる集団構造と遺伝の流れは不完全な血統分類によって引き起こされたものではなく、四川キンシコウの性別の傾向的な拡散の差による結果であることが明らかになった。
 また集団の歴史のシミュレーションと分析は、四川キンシコウの先祖が当初は中国中部と南西の山間部に広く分布していたことを裏付けた。その後の古代気候変動により集団が隔離された。約2万4500年前、神農架の集団が最も早くその他の集団から離れ、活動範囲を縮小し、湖北省神農架などの山脈の間にとどまった。その後秦嶺山脈の集団が約1万3500年前から四川省・甘粛省の集団から離れていった。集団の移動において、不均衡な遺伝の流れが生じた。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/11/12更新
「中国社会は病気になったのか」

富坂聰が斬る!

2018/10/25更新
「遺書を書く老人」

和中清の日中論壇

2018/10/9更新
「『中国は重税国家』という嘘」

田中修の中国経済分析

2018/10/18更新
「夏季ダボス会議における李克強総理の発言」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2018/11/30更新
「超過準備率の推移」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2018/10/3更新
「“天の価格”は終わらない―家賃から飲食費、スターの出演料まで」

科学技術トピック

2018/11/29更新
最新テーマ:海洋技術

取材リポート

2018/11/14更新
「アジアとの重層的関係構築を 寺島実郎氏が日米関係重視前提に提言」

中国の法律事情

New

2018/11/30更新
「外資による中国のファンドへの参入に関する法制度及び実務運用について」

日中交流の過去・現在・未来

2018/9/11更新
「四川省国際科学技術合作協会の顧問・梁晋氏が日本外務大臣表彰を受賞」

日中の教育最前線

2018/11/7更新
「初高等教育からみる中国教育の国際化―当事者に聴く中国教育事情」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2018/12/5更新
「宋代中国茶器の故郷(福建省)―中国茶の舞台を訪ねる」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

New

2018/12/4更新
「中国科技論文統計の概要」

中国からの研究生活だより

2018/11/20更新
「東工大から北京へ―躍進する中国の研究環境」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:63,997,812