Ⅳ. 発生・再生

中国の発生・再生の科学技術力はまだ強くないが、畜産バイオロジーなどの分野で着実な進展がみられる

 この領域でも米国のリードは圧倒的である。日本と欧州は基礎的な研究水準ではほぼ米国と互角であるが、技術開発水準や産業技術力では米国との差はかなりあると考えられる。少 し遅れて中国と韓国が続いている。

 2001年にヒト幹細胞研究所を開設し、ヒト肝細胞の樹立などの研究を進めてきており、質の高い論文が多数発表されるようになってきている。多国籍製薬企業のトップ企業であるグラクソ・スミス・ク ライン社が上海に幹細胞を中心にすえた創薬研究所をスタートさせると発表した。また、サノフィ・アベンティス社はガンの幹細胞研究で中国と提携することを発表した。これらのことは、中 国の幹細胞研究が一定の水準を上回ったことを示すとともに、中国における新しい医療実用化の実力が急速に高まる可能性があると考えられる。

 組織・器官の形成研究で、多数かつ多人数の民族を抱えることを利点として、指等の形態異常を示す家系を多数保持しており、その責任遺伝子の同定から器官形成に迫ろうとする研究もある。組織工学分野では、上 海組織工学センターの設立等、再生医療の国家プロジェクトを実施し、皮膚や骨などの組織再生の研究成果が既に臨床応用されつつある。

 畜産バイオテクノロジーの進展には目を見張るものがあり、遺伝子組み換えウシやカイコを用いた医薬品原料の生産に成功しており、臨床試験の段階にある。体細胞クローン動物作製では、ヤギ、ウシ、ブ タなどで成功し、世界第一例目の水牛の体細胞クローン作製にも成功しており、これら優良品種開発などの分野で研究水準、技術開発水準、産業技術力が着実に向上し、実用化が進み始めている。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468