物流無人配送ロボットが長沙市で勤務開始

2018年 10月9日

 湖南省長沙市の星沙経済開発区にある京東物流遠大配送ステーションでは、ある特殊な「配達員」が勤務開始から1ヶ月目を迎えようとしていた。この1ヶ月内で「彼」は200キロ弱を走行し、配送任務をこなした。科技日報が伝えた。
 その「彼」とは長沙行深智能科技有限公司(以下、同社)とネット通販大手の京東が共同開発した物流無人配送ロボット「超影800C」。
 京東自動運転車本部プロジェクトは1ヶ月前、長沙市に入居した。京東集団X事業部自動運転センター総経理の楊晶氏はメディアに対して、「無人技術の深化に伴い、スマート物流はより豊富な応用シーンを創り出し、複雑で変化の激しいユーザーの需要を満たし、運営効率とユーザー体験の向上を実現する。これは京東スマート化ビジネスの重要な一環でもある」とAI物流の夢を語った。
 京東は2016年、未来のスマート倉庫保管・物流システムに専念する「X事業部」を立ち上げた。注目を集めているAI分野に焦点を絞り、ドローンや倉庫保管ロボット、自動運転車配送ロボットなど、一連のスマート物流ロボットを自主開発した。
 楊氏は科技日報の取材に対し、「自動運転車はX事業部が全シーン無人テクノロジーを構築するための重要な一環となる。今年は研究開発から量産化に移り、試験運営から全シーンでの常態としての応用への移行という目標を達成する。物流・配送分野に焦点を絞り、配送ロボットとサービスロボットプラットフォーム、自動運転トラックプラットフォームにより、裏から表までのすべてのビジネス応用シーンをカバーする」と話した。
 この目標は長沙自動運転車本部の設立により、徐々に形になろうとしており、物流業界スマートテクノロジー応用の「京東モデル」を示している。
 記者の調べによると、星沙経済開発区の配送ロボットは2016年末に、北京市で初の配送に成功していた。その後さらに中国人民大学と北京市海淀区中関村公共道路における常態としての運営を実現した。今年はさらに雄安新区と長沙市で試験運行を開始している。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/9/26更新
「老いゆく中国社会の将来像」

富坂聰が斬る!

2018/8/22更新
「米中経済戦争」

和中清の日中論壇

New

2018/10/9更新
「『中国は重税国家』という嘘」

田中修の中国経済分析

2018/6/25更新
「国務院第Ⅱ期李克強体制の課題」

露口洋介の金融から見る中国経済

2018/9/28更新
「人民元国際化と人民元売買範囲の拡大」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

New

2018/10/3更新
「“天の価格”は終わらない―家賃から飲食費、スターの出演料まで」

科学技術トピック

2018/8/30更新
最新テーマ:ロボット分野

取材リポート

New

2018/10/4更新
「中国で楽曲配信開始 ソニー、テンセント傘下企業が提携」

中国の法律事情

2018/9/25更新
「中国の外商投資参入ネガティブリスト(2018年版)」

日中交流の過去・現在・未来

2018/9/11更新
「四川省国際科学技術合作協会の顧問・梁晋氏が日本外務大臣表彰を受賞」

日中の教育最前線

New

2018/9/28更新
「西安における日本語教育の現状」

中国の大学

2017/6/22
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2018/9/20更新
「中国の大学における国学基礎類講義の設置・改革をめぐる私見」

中国実感

2018/4/5更新
「習近平「トイレ革命」の歴史的意義」

北京便り

2018/9/14更新
「教育部直属大学、2017年決算データを公表、6校の経費が百億元超え」

SPCトピック

2018/5/9更新
「JST、日中・中日科学技術論文機械翻訳システムの提供を開始」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

日中・中日機械翻訳システム

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:61,058,684